【あなたはどのタイプ?】後遺障害でもっとも多い「むち打ち症」

   

みなさんは、「むち打ち症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

後遺障害について調べていると、必ずといっていいほど目にするのがむち打ち症です。しかし、医学的にはむち打ち症という病名はなく、いくつかの病気を集めた症状の総称として、むち打ち症という言葉が使われています。よって、単にむち打ち症といっても、原因や症状によっていくつかに分類することができるのです。そこで今回は、むち打ち症の分類法をご紹介させていただきます。

むち打ち症はおおまかに5種類に分類

むち打ち症の分類法については、きちんとした定義がされているわけではありませんが、おおまかには5種類に分類されることになっています。

頸椎捻挫

交通事故が原因のむち打ち症の半数以上が頸椎捻挫となっています。頸椎捻挫とは、首に強い衝撃を受けたことがきっかけとなり、首の筋肉やじん帯、関節を包む組織に傷がついてしまうことを言います。よく、手足を捻挫することがありますが、それとまったく同様で、認識としては箇所が頸椎に変わっただけと覚えておけば問題ありません。ただし、手足とは違い、首というのは頭や肩に直接的に関わってくるため、頭痛や肩こりといった弊害を招くこともあります。

頸椎捻転

頸椎捻転とは、分類の仕方によっては頸椎捻挫と同様に扱われていることもあります。頸椎捻挫との違いとしては、筋肉やじん帯といった組織が損傷を受けるわけではなく、捻じれたり引き延ばされたりしてしまうという点です。こちらも事故後、長い期間炎症が残ってしまうこともあり、頭痛や肩こりといった症状が引き起こることがあります。

神経根障害

神経根障害とは、簡単に言えば、神経自体が損傷を受けてしまう傷害を言います。首の骨というのは、7つの骨が積み重なって構成されているのですが、この骨が事故の強い衝撃によりずれてしまい、骨の内部の神経が圧迫、または引き延ばされてしまう状態になると、神経伝達がスムーズにいかなくなってしまいます。そうなると、手足に痺れが残ったり、筋力が低下したりといった症状があらわれてきてしまうのです。

バレリュー症候群

バレリュー症候群とは、神経根障害に似た症状で、神経の中でも交感神経に影響が出てしまった場合のことを言います。交感神経とは、自律神経の一種であり、そもそも自身の意思で制御しているものではありません。しかし、血液や分泌液を管理している非常に重要な神経となっています。この神経が損傷を受けると、頭痛や眩暈だけでなく、耳鳴りや難聴、不眠や倦怠感など事故で受けた外傷とはまったく異なる部位に異常が生じることになります。

脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症は、上記にて説明してきた症状とは違い、直接的に首や神経が損傷を負う病気ではありません。脳脊髄液減少症とは、脳内にある脳脊髄液が漏れてしまう病気のことを言います。脳脊髄液が漏れてしまうと、脳全体が沈むことから、脳に著しい負担がかかり、激しい頭痛や眩暈、不眠や倦怠感とった症状が出てきます。通常、交通事故の診断をする際は、首やその周囲の神経にばかり目が行きがちで、脳にまで診断が及ばないこともあります。発見が遅くなりがちな病気であるため、違和感がある方は必ず診断してもらうようにしてください。

 - 後遺障害の種類