損害賠償金に直結。「等級障害認定」って何?

   

後遺障害では、被害者が適正な損害賠償金の支払いを受けるために、細かな等級と項目を設定しています。すべては被害者が迅速で公平な支払いを受けるために設定されたもので、その数、16等級142項目となっています。よって、適正な損害賠償金を受けたいのであれば、後遺障害の等級認定は必須と言えるでしょう。後遺障害の等級認定がされないことには、損害賠償請求の基準が出来上がらないといっても過言ではないのです。

後遺障害の等級認定を受ける方法

では、等級認定はどうすれば受けることができるのでしょうか?

等級認定を受ける方法は、おおきく2つに分けられています。それが事前認定被害者請求です。どちらも損害保険率算出機構に対して請求をすることになりますが、事前認定は任意保険会社に任せる手続きで、被害者請求はすべてを自ら行う手続きであると覚えておくと良いでしょう。

等級認定の原則は書面主義

上記のいずれかの方法にて後遺障害の等級認定が請求されると、損害保険料率算出機構による調査がなされることになっています。ここで覚えておきたいのが、等級認定の原則は、「書面主義」にあるということです。一部の例外を除き等級認定の調査は、提出された書面の中見についてしかなされることはありません。つまり、提出された書面に書かれていないことについては、いくらそれが事実であったとしても調査の対象にはならないということ。これを知らないでいると、予想よりもはるかに下回る等級認定がなされてしまうこともあるので注意が必要です。

適正な等級認定を受けるためには

等級認定の原則が書面主義ということは、対象者の後遺障害がどの等級に該当しているのか?対象者の後遺障害と事故にはどのような因果関係があるのか?といったような、等級認定の判断に必要となるポイントは、すべて書面上での判断がされるということです。よって、いくら後遺障害の診断書や請求書に、等級の基準や要件にあっていない症状が書かれていたとしても、それが認定されることはありません。つまり、適正な等級認定と損害賠償金を受けたいのであれば、医学的、法的な根拠が必須になってくるということです。

上記を踏まえて等級認定の方法について考えると、提出された書面の内容がいまいちわからない事前認定よりも、提出する書面を自ら目を通すことができる被害者請求のほうが、より正確な等級認定がなされると言えるでしょう。

 - 後遺障害について知っておくべきこと