「被害者請求」で生じるメリット・デメリットを正しく知ろう

   

後遺障害による損害賠償金を受け取るためには、交通事故による障害が残ったことを示す、症状固定の判断を医師にしてもらった後、後遺障害の等級認定を受ける必要があります。タイトルにもある「被害者請求」とは、後遺障害の等級認定を受けるための方法の1つで、他にも「事前認定」と呼ばれる方法があります。事前認定が任意保険会社にお任せする手続きであるのに対して、被害者請求は、被害者が自ら損害保険率算出機構への調査請求をする手続きを言います。

では、この被害者請求には、どういったメリットとデメリットがあるのでしょうか?

被害者請求のメリット

被害者請求は、後遺障害に等級認定に必要な書類をすべて自身で用意することになるため、事前認定とは違い、何が提出されているのかわからないといった状態になることがありません。診断書やレントゲン、CT画像、領収書など、しっかり自分の目で見てからの提出が可能です。

また、被害者請求の場合は、後遺障害等級認定がなされた段階で自賠責保険の一部が先払いされることになっています。事前認定の場合は、原則、示談が成立した段階でないと保険金が支払われることはありません。よって、被害者請求の方がより早く手元に現金が入ってくるというメリットもあります。

被害者請求のデメリット

上記のように、被害者請求は事前認定と比べると圧倒的に手続きが明瞭となっています。しかし、請求書などの書類の準備はすべて被害者側で行わなければならないため、時間も手間もかかってしまいます。また、単に後遺障害を訴えるだけでは、求めている等級認定がされることはなく、医学的根拠に基づいた書類作成が必要となるため、専門知識なしに乗りきることはできません。

とはいえ、こちらのデメリットは弁護士といった専門家に依頼することによって解消されます。専門家であれば、必要書類の指示、請求書の作成といったことまで一任することが可能となっていますので、安心して被害者請求をすることが可能と言えるでしょう。

 - 後遺障害について知っておくべきこと