「事前認定」で生じるメリット・デメリットを正しく知ろう

   

損害賠償金を受け取るためには、交通事故によって負った障害が症状固定と医師に判断された後、後遺障害の等級認定を受けなければなりません。そして、タイトルにもある「事前認定」とは、後遺障害の等級認定を受けるための方法の1つです。

後遺障害の等級認定については、事前認定の他にも「被害者請求」という方法もあります。被害者請求は自ら認定手続きを行うのに対し、事前認定は任意保険会社が認定の手続きを行ってもらうことを言います。では、この事前認定には、どういったメリットとデメリットがあるのでしょうか?

事前認定のメリット

事前認定のメリットは、なんといっても任意保険会社に手続きのすべてを代わりに行ってもらえるという点です。これによって被害者は、後遺障害の等級認定のために必要な様々な書類や資料をそろえる手間が省けることになります。また、弁護士などに依頼をした場合と違い、弁護士費用がかかることもありませんし、専門知識がなかったとしても、なんら問題が生じることはありません。

手続きについて右も左もわからない方が、手間と費用をかけずに損害賠償金を受け取りたいのであれば、事前認定を利用したほうが良いと言えるでしょう。

事前認定のデメリット

上記のように、一見すると手間も費用も節約できるように見受けられる事前認定ですが、便利さの裏には多くのデメリットが存在しています。たとえば、任意保険会社の担当者が被害者に対して積極的なアドバイスをしてくれることはありませんし、医師が作成した診断書の記載不備、調査会社が行う調査に不足などがあったとしても、いちいち指摘をしてくれることはありません。

また、自身が得る損害賠償額に大きく影響を与えることになる後遺障害の等級認定を、加害者側の任意保険会社に任せるということは、最終的な支払額に関する自身へのメリットはほとんどなくなってしまうと言っても過言ではありません。わざわざ自分の会社が損をするような等級認定をするはずがないのです。つまり、事前認定のデメリットとして、被害者請求と比べると最終的に手元に入る金額が少なくなってしまう恐れがあるということです。

 - 後遺障害について知っておくべきこと