後遺障害申請は「いつ」「だれが」するの?

   

後遺障害の等級申請というのは、一体いつ、だれが行うことになるのでしょうか? こちらの答えとしては、保険会社が勝手に行ってくれるわけではなく、医師がタイミングを見て行ってくれるわけでもありません。よって、しっかりと自分で把握していなければならないと言えるでしょう。

それでは今回は、等級申請はいつだれがするのか?について詳しく説明していきます。

等級申請は事故発生から半年が目安

等級申請をするタイミングとしては、一般的に事故発生から半年程度が目安となっています。半年が経過していれば、いつでも申請可能と覚えておきましょう。

なぜ半年なのかというと、後遺障害というのは症状固定がきっかけとなっています。症状固定とは、これ以上の治療を続けてもよくなる見込みがない状態をいい、その判断をする期間というのが事故発生から半年程度というわけです。その他にも、医師から後の治療は投薬だけと言われたタイミングも症状固定のタイミングと言えるでしょう。

保険会社の後遺障害診断書を医師に作成してもらう

等級申請は症状固定後、保険会社からもらった後遺障害診断書を医師に作成してもらい、それを保険会社に提出することによって申請したことになります。つまりは、保険会社から自分で書類を取り寄せ、担当医師に後遺障害診断書を作成してもらい、それを自分で保険会社に提出するという流れが一般的となっています。なお、後遺障害診断書の中身については、なるべく自身も把握しておくことを心がけてください。医師によっては、症状についての記載不備も考えられるため、場合によっては補足のお願いをすることも検討しておきましょう。

等級認定は調査事務所が行う

保険会社に提出された書類は、自賠責損害調査センターという第三者機関が中立となって調査し、最終的な等級認定をすることになっています。ここで認められた後遺障害の等級は、保険会社経由で自身のもとへと届けられることになっています。保険会社が独自の方法で等級認定を行っているわけではなく、被害者が不利になるような認定を意図して調査事務所が出すようなことはありませんが、想像よりも低い等級を認定されてしまうこともあります。そういった場合は弁護士といった法律の専門家に相談し、保険会社との金額交渉を依頼するのも1つの手です。

 - 後遺障害について知っておくべきこと