症状固定には2つの種類がある? 医学面と損害賠償面

   

症状固定とは、簡単に言えば交通事故後、一定期間が経過した上でも改善されず、身体に残ってしまった後遺障害のことを言います。この症状固定がきっかけとなって、後遺障害の等級申請といった手続きへと進んでいくことになっています。とはいえ、症状固定には、医学的な面から見た症状固定と、損害賠償面から見た症状固定とに分かれていますので(上記の説明は損害賠償面から見た症状固定)、どちらも覚えておくようにしましょう。

医学的な面からみた症状固定とは?

治療をいくら続けていても、なかなか大幅な改善がなく、長い目で見るとこれ以上の回復がなくなった段階のことを、医学的な面から見た症状固定と言えます。わかりやすいところで、むちうちの例を出してみると、リハビリや投薬などによって、少しはよくなることが予想はされますが、結局は期間の経過によっても元に戻ってしまうといった状態のことを言います。

損害賠償面から見た症状固定とは?

上記のような状態にあり、これ以上の改善が見られないのであれば、いつまでも治療費を加害者側に負担させ続けるのはあまりにも酷です。そこで、治療期間はいったん終了とし、残ってしまった症状については「後遺障害」とし、まとめて損害賠償の総額を確定してしまいます。つまり、損害賠償面から見た症状固定とは、交通事故の問題を早期解決させるという意味合いがあります。

症状固定後、後遺障害の等級認定を受けることによって、逸失利益や後遺障害慰謝料を請求することが可能となります。交通事故の損害賠償請求は、症状固定の段階まで来ると、後遺障害の等級認定前の損害賠償請求、つまり、傷害事故部分の損害賠償の支払いが終了するということです。

症状固定は誰が決めるのか?

症状固定において非常に重要と言えるのが、症状固定は誰が決めるのか?という点です。

症状固定というのは、本来、医師が診断するものですが、保険会社から自身のもとに後遺障害診断書(等級申請に必要な書類)が送られておきて、症状固定を急がされることもあります。

しかし、あくまでも原則は医師が判断するものなので、保険会社から後遺障害診断書が送られてきたタイミングで、医師に症状固定と判断してもらうべきか否かは弁護士といった法律の専門家に相談してみることをおすすめします。

 - 後遺障害について知っておくべきこと