【超重要!】絶対に知っておくべき慰謝料の基準(自賠責・任意・裁判所)

   

後遺障害における慰謝料には、ある一定の基準が設けられており、この基準に則って慰謝料請求、そして、実際の支払いがなされているのです。なお、ここでいう一定の基準とは、ひとつだけに限られているわけではなく、自賠責保険の基準、任意保険の基準、弁護士会(裁判)の基準といった3つに分かれていて、それぞれ個々人の状況に応じて使い分けることになっています。

それでは、それぞれの基準について詳しくご説明していきます。

自賠責保険の基準とは?

自賠責保険というのは、自賠法に基づきすべての運転者が強制的に加入される保険のことを言います。交通事故の被害者は、加害者に対して損害賠償を請求可能ですが、加害者に支払い能力がなければ支払いを受けることができません。そこで、まともに支払いを受けることができない被害者側の最低限の保障をしてくれるのが自賠責保険というわけです。ただし、自賠責保険には限度額が定められており、後遺障害の場合は4000万円までとなっています。

任意保険の基準とは?

任意保険の基準とは、任意保険に加入している場合に利用される基準で、保険会社ごとに作成した基準をもとに算定を行っています。加入自体は自由になっていますが、現在、多くの方が任意保険に加入していると言えるでしょう。

なお、任意保険の基準は、保険会社独自のものとなっていますので、加入している任意保険会社への確認が必須です。また、任意保険の基準は、下記にてご説明する弁護士会の基準よりも低いことがほとんどとなっていますので、まだまだ交渉の余地があると言えます。

弁護士会(裁判)の基準とは?

弁護士会(裁判)の基準とは、弁護士会にある「日弁連交通事故センター」が作成している表のことをいい、主に弁護士が介入し、慰謝料算定の争いが裁判にまで発展してしまった場合などに用いられることが多いと言えます。こちらの表では、後遺障害の程度に応じて、慰謝料の上限額と下限額がわかるようになっています。

なお、支払いを受ける際は「弁護士会の基準で支払ってください」と言えば、必ずしも認められるものではないということをよく覚えておきましょう。確かに交渉の余地はあると言えますが、一般的には弁護士への相談・依頼があった際に利用される基準となっています。

 - 後遺障害について知っておくべきこと