交通事故の治療費は加害者に負担させる!第三者行為の届出

   

交通事故といった他者の行為によって負傷し、健康保険により治療を受けた場合は、「第三者行為の届出(正式には第三者行為による傷病届)」を提出しましょう。

本来、他者の行為によって負傷したのであれば、その治療費は加害者が負担すべきです。

しかし、なんらかの事情によりその支払いが受け取れない場合、第三者行為の届出を提出することで、健康保険組合が立て替えてくれ、その後、加害者に治療費の請求が届くことになります。

 届出に必要な書類

なお、届出には以下の書類が必要になります。

第三者等の行為による事故届(交通事故の場合)

健康保険組合から書式を入手し、交通事故証明書を参考にしながら作成しましょう。

交通事故証明書

こちらは交通事故に関する多くの手続きで利用しますので、必ず準備しておきましょう。

なお、交通事故証明書は、自動車安全運転センターにて入手可能です。

事故発生状況報告書

どういった事故だったのか?過失割合はどうなのか?といった点を判断するために必要です。

損害賠償金納付確約書・念書

こちらは加害者側に記入してもらう書面ですが、事故状況次第で作成拒否される場合もあるため、その際は、記入してもらえなかった理由を自ら書き込みましょう。

診療報酬明細書

こちらは写しで問題ありません。ただ、個人情報が記載されているため、本人である旨の同意書を求められることになります。

 病院に健康保険の利用を断られた場合

交通事故の治療は、原則として自由診療で行われることがほとんどです。

後になって、健康保険の利用がしたいと病院側に告げても、稀に利用を断れるケースがあります。しかし、たとえ交通事故であっても健康保険の利用は可能です。もし、病院側に断られるようなことがあれば、「第三者行為の届出をするので」と伝えましょう。

これで断られるようなことはまずありません。どうしてもうまく説明できない場合は、弁護士といった専門家に介入してもらい、手続きをサポートしてもらうことをおすすめします。

 - 後遺障害と病院