後遺障害等級認定で非常に重要な「保険診療報酬明細書(レセプト)」

   

今回は、診断書や後遺障害診断書と同様、後遺障害等級認定にて非常に重要な役割を果たす、保険診療報酬明細書(レセプト)について詳しくご説明していきます。

保険診療報酬明細書(レセプト)は、後遺障害に該当していなかった場合、または、等級認定が必要以上に低かった場合、その是正を訴える際には必ずといって必要になる書面です。

特に、傷害の中身や程度を争う場合は、保険診療報酬明細書(レセプト)が欠かせません。

 保険診療報酬明細書(レセプト)の取得方法について

交通事故に遭った後、傷害で自由診療になると、治療費を支払う任意保険会社は被害者から診断書や医療記録取り寄せる同意書を取ります。そして、この同意書を利用し、治療を行っている病院から1ヶ月ごとに診断書と保険診療報酬明細書(レセプト)を取り寄せるのが原則です。

そして、状況に応じた治療費を病院に対して支払うことになります。よって、通常は任意保険会社が所持している書面になるため、必要になる際は、任意保険会社に写しを交付請求します。

なお、過失割合に争いがある場合、治療費の支払いを任意保険会社ではなく、被害者自身の健康保険を適用していた場合、被害者本人が社会保険庁に請求して取り寄せることになります。

 保険診療報酬明細書(レセプト)の中身について

保険診療報酬明細書(レセプト)には、通常、最後に通院日と入院日と、その合計日数が記載されているため、入通院が確認できるようになっています。診断書では入通院を事細かに記載していないことが多いため、これだけでもレセプトの重要性がわかります。

さらに、レセプトは1ヶ月ごとに作成されるため、傷病名がどのように変遷していったのかもわかりますし、治療内容として、診察、投薬、注射やリハビリ状況、手術に麻酔、検査、画像診断等々、項目ごとに分けて記載されるため、様々な情報を分析することが可能となっています。

 保険診療報酬明細書(レセプト)のデータ量は欠かせない

その他、健康保険制度に基づいた医療費だけでなく、自由診療の場合の医療費の概要も把握することが可能となっています。このように、レセプトのデータ量は交通事故治療内容を把握する上で非常に重要な役割を持っています。特に、後遺障害をよく取り扱っている弁護士は、レセプトの取り扱いにも慣れていますので、安心して任せることが可能となっています。

 - 参考資料