交通事故の相談で専門家の元へ行く際に持参したい書類

   

交通事故に遭ってしまった場合、多くの場合で保険会社を相手に示談金の交渉などを行うことになります。昨今では、任意保険に加入している方は大多数ですし、たとえ加入していなかったとしても自賠責保険がありますので、加害者側と直接交渉になることはほとんどありません。

しかし、保険会社は示談交渉には手馴れており、個人で交渉し続けると、結果として低い金額での示談成立となってしまう危険があります。やはり弁護士といった法律の専門家に介入してもらい、示談交渉を有利に進め、正当な損害賠償金を請求するのが賢明といえるでしょう。

では、専門家に交通事故相談をしようと思った場合、どういった資料が必要になるのでしょうか?

今回は、専門家への相談前に準備しておくと良い資料についてご紹介していきます。

相談時に持参すると良い資料

交通事故の相談の場合、もちろん手ぶらで行っても相談は可能ですが、言葉だけでは専門家が状況を把握できず、回答もしにくくなってしまいますし、明確な判断も困難になります。

そこで、交通事故証明、初診から現在までの診断書、診療報酬明細書、施術証明書、施術費用明細書、といった資料を持参すると良いでしょう。

すぐに用意できない場合は、まずは相談だけでも良いですが、いずれは必要になる資料なので、専門家に相談をしながら手配しておくように心がけましょう。

その他、専門家が必要だと判断した資料も、可能な限り入手しておいてください。

 異議申し立てを検討している場合

なお、後遺障害等級認定に異議申し立てについて相談したい場合は、後遺障害診断書、後遺障害認定表(認定理由が記載されている別紙も含む)、後遺障害事案整理票、といった資料があると専門家としても明確な判断がしやすくなります。

もちろん、上記資料がなかったとしても相談自体は可能となっているので、すべてをそろえてから相談に出向かなければならないわけではない点、誤解がないようにしましょう。

まずは専門家に相談をしてから、指示された資料を入手するというのも、賢い利用の仕方です。

 - 参考資料