保険会社との示談交渉で不利益を被らないようにするには

   

保険会社にいいように進められている気がする・・・。

交通事故の示談交渉を個人でする場合、上記のように感じることがあってもおかしなことではありません。相手にしている保険会社は示談交渉のプロといっても過言ではなく、あからさまにこちらに不利益ばかりを与えないよう、相場よりも低い金額で示談を成立させようと試みます。

となれば、損害賠償金額も弁護士会が出しているような基準ではなく、保険会社の都合の良い基準での提案になるため、気付けば不利益を被るなんてことにもなりかねないのです。

また、こちらの希望額を一向に拒否しているだけの保険会社の場合、何度話し合いをしても進展など期待ができません。こういった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 保険会社に強い意思を示す

保険会社との示談交渉がうまくいかない場合、まずは保険会社に対して、このまま示談を成立させるつもりはないという強い意志を示すことが効果的です。

たとえば、内容証明郵便を利用する、弁護士に相談する、裁判手続き(調停や訴訟)を起こすなどです。現実には裁判手続きにまで発展するケースは稀ですが、弁護士への相談は効果的で、保険会社側もごまかしがきかないと、ある程度は納得できる金額提示をしてくるようになります。

保険会社は、個人相手であればいつかは折れるだろうと頑なに増額を拒否してきますが、弁護士相手にいつかは折れるなどと悠長なことは言っていられません。よって、示談交渉を長引かせるメリットはないと判断し、今まで進まなかった示談交渉が一気に進展するというわけです。

 弁護士以外の相談窓口も

直接弁護士に相談しに行くのは敷居が高いと感じる(実際には敷居が高いということはないのですが)のであれば、「交通事故紛争処理センター」や「日弁連交通事故相談センター」に相談するという手もあります。いずれのセンターでも交通事故に関する相談、示談交渉をうまく進めるための専門家への斡旋などを行ってくれるため、スムーズに専門家への相談が可能になります。

なお、いったん示談が成立してしまうと、後から取り消すことはできず裁判手続きなどの利用もできなくなってしまうため、納得いかないと感じている限り、示談を成立させてはなりません。

必ず、専門家の意見を聞き、保険会社側の提案が妥当か否かを判断してもらいましょう。

 - 後遺障害と認定結果