交通事故被害者の方へ!事故発生から示談成立までの流れ

   

実をいうと示談成立までの流れというのは、一般の方からするとなかなか理解できない流れになっていて、今現在どの段階なのか?をはっきりと理解されている方はほとんどいません。

その結果、適正な示談金を受け取れていないといった誤解を生んでしまうことがあるのです。

というのも、加害者側にはほとんどの場合で保険会社が代理でついていますので心配はありませんが、被害者の方の場合は知識が乏しいことがほとんどです。そこで今回は、被害者の方に向けて交通事故から示談成立までの流れについて詳しくご説明していきます。

 1.交通事故の発生

交通事故の被害に遭ってしまえば、その被害に応じた損害が生じることになります。そして、被害者には、加害者に対して自身が負った損害を賠償金として支払ってもうえる権利が発生します。

この交通事故がすべての始まりになります。

 2.加害者の身元確認

交通事故の被害に遭った場合、必ず加害者の身元確認をしておきましょう。連絡先や勤務先、住所などを確認しておくと、後の示談がスムーズに進むため、可能な限り確認しておいてください。

 3.警察の介入

交通事故が発生しているのですから、警察に必ず通報しなければなりません。加害者側にその場で示談の案を出されたとしても、決して応じてはなりません。なぜなら、示談というのは警察が作成した「事故証明書」、「事故報告書」といった書面をもとに行います。よって、警察の介入がなかった場合、事故自体をなかったことにされてしまう危険があるというわけです。

 4.保険会社の介入

保険には自賠責保険と任意保険の2種類があるのですが、事故直後、この確認を加害者側に取り、保険会社に連絡を取ってもらう必要があります。また、被害者の方も自身が加入している任意保険が利用できる場合もあるため、しっかりと保険会社に確認しておきましょう。

 5.ケガの治療期間

交通事故によってどれほどのケガを負ったのかにもよりますが、一般的にケガの治療期間をおいた後、実際に示談交渉がスタートすることになります。ケガが完治すれば話は早いのですが、後遺障害が残った場合は、症状固定後に後遺障害認定を受けることになります。

 6.示談交渉開始

ケガか完治しているのであれば、それまでの損害額を確定し、示談交渉が開示することになりますが、後遺障害があった場合の示談交渉は、この後遺障害の等級認定を受けてからそれをもとに損害賠償額を確定させていきます。将来の逸失利益、その後の通院にかかる費用など、様々な点から金額を確定させていくため、非常に争いが発生しやすくなっています。

 7.示談成立

双方、納得する金額となれば、そこで示談成立することになります。

なお、後遺障害の場合、等級認定による損害賠償額というのは、あくまでも基準でしかないため、納得できないと感じたのであれば、弁護士といった法律の専門家に介入してもらいましょう。無理して納得し、示談を成立させる必要はありません。また、示談が成立しなかった場合、裁判にて争うことも可能となっています。納得のいく金額提示があるまで、あきらめる必要はありません。

 - 後遺障害と認定結果