後遺障害14級|数ある等級の中でもっとも軽いとされる

   

後遺障害の第14級は労働能力損失率が5%と、数ある等級の中でもっとも軽いとされています。こうした点から、まったくの健常者とほとんど変わらないと評価されがちですが、それでも後遺障害であることに変わりはありません。適正な損害賠償を受け取れるよう手続きを進めましょう。示談次第では十分な補償を受けられるのでご安心ください。

 後遺障害14級

後遺障害14級は下記のように、損害を負った部位ごとに1号から9号が割り当てられています。

  • 後遺障害14級1号 片目のまぶたの一部を欠損し、またはまつげはげを残した
  • 後遺障害14級2号 1歯に対して歯科補綴を加えた
  • 後遺障害14級3号 片耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来なくなった
  • 後遺障害14級4号 上肢の露出面に手のひらサイズの醜い痕を残した
  • 後遺障害14級5号 下肢の露出面に手のひらサイズの酷い痕を残した
  • 後遺障害14級6号 片手の親指以外の手指の指骨の一部を失った
  • 後遺障害14級7号 片手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸できなくなった
  • 後遺障害14級8号 片足の第3の足指以下の1、または2の足指が機能しなくなった
  • 後遺障害14級9号 局部に神経症状を残した

 片目の瞼に欠損が残ると第14級1号

交通事故が原因となり片目の瞼の一部を欠損した場合は、後遺障害第14級1号になります。

14級1号でいう欠損とは、片方の瞼を普通に閉じているにも関わらず、白目の一部が露出する程度の欠損を言います。なお、黒目まで露出している場合は、第11級3号です。

また、瞼の欠損により眼球は覆えていても、まつげが半分以上生えてこなくなり、いわゆる「まつげはげ状態」になってしまってもこちらの等級が適用されます。

 4本以上の歯を失うと第14級2号

上記の記載では、1歯に対してとなっていますが、1本以上で4本まで歯科補綴を加えると後遺障害第14級2号になります。歯科補綴とは、単に損傷したことを指しているわけではなく、歯科医にて適切な治療を受けたことを指しています。たとえば、ブリッジによって義歯を付ける際、健康な歯も削らなければならなかった場合、その歯も歯科補綴の1本として数えられます。

なお、歯科補綴の本数が増えると、さらに上位の後遺障害が認められる点も覚えておきましょう。

 もっとも軽い聴力障害が第14級3号

交通事故の衝撃によって、聴力に障害が残ってしまうことは多々あります。その中でももっとも軽い聴力障害とされているのが後遺障害第14級3号になります。具体的には、純音聴力レベル(ピーという単純な音による検査で出る数値)が40dB以上、または70dB未満となります。

その他、第14級相当と判断される基準として、30dB以上の難聴であり、耳漏(耳垂れのこと)がある状態というのもあります。これは事故が原因で鼓膜が破れるなど、耳の内部に怪我を負った場合に生じます。もっとも軽いとはいえ、必ず医師の診察を受け、等級認定を受けましょう。

 手足に大きな傷跡が残ると第14級4・5号

交通事故の際、手足に大きな傷跡が残った場合、後遺障害第14級4・5号が認定される可能性が出てきます。ここでいう大きな傷跡とは、一般に手のひら大のサイズとされています。

また、4号の腕の露出面といえば、手首から先だけと考えられがちですが、夏場などにタンクトップなどを切る機会もあるため、その際に目立つとなれば後遺障害といって間違いありません。

5号の場合は足の付け根からつま先の間で手のひらサイズの傷跡が残った場合です。足は腕と違い、露出機会が少ないといえますが、それでも夏場や入浴時をはじめ、傷跡を見られてしまう機会は多々あります。露出面という表現に誤解がないよう注意してください。

その他、第14級相当とされているのが、胸腹部、または背部臀部の全面積のうち4分の1以上に醜状を残した場合というのもあるので、手足でないからといって諦めることはありません。

 もっとも軽い指の後遺障害が第14級6・7号

指に関する数ある後遺障害の中でも、もっとも軽いとされているのが後遺障害第14級6・7号です。6号は片手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったものとされていて、具体的に言えば親指以外の骨の一部が欠けてしまった状態、または遊離骨折で骨がくっついていない状態なども含め、レントゲン写真を用いて医学的な確認を行います。ただし、骨がどの程度欠けているかによって、さらに等級が上がり、第8級~13級のいずれかが認定されることも覚えておきましょう。

7号は片手の親指以外の手指の第一関節を曲げたり伸ばしたりできなくなった場合を指しているのですが、本数の制限がないため、1本でも4本でも14級になる点に注意です。

 片足の指を失うと第14級8号

交通事故が原因で指を失ってしまうことは珍しくはありませんが、その中でももっとも軽い後遺障害とされているのが第14級8号です。具体的には、片足の足指のうち、中指・薬指・小指の3本のうち1本から2本が機能しなくなった場合です。専門的に「用を廃した」という表現を用いることがありますがこれは足の指先から根元の手前までで切断した場合と、可動域が2分の1以下になった場合をさしています。こちらは本数によって、さらに上の等級が認められることになっています。

 よくむちうち症として認定されるのが第14級9号

交通事故の後遺障害としてもっとも有名といっても過言ではないのが「むちうち症」で、もっとも示談交渉時や後遺症認定時に揉める障害とも言えます。むちうち症として認定されるのは、第12級13号と第14級9号なのですが、レントゲン写真などから明らかな神経障害が見とれる12級と違って、14級の場合は神経学的所見と本人の自覚症状が一致した場合となっています。

ここでいう神経学的所見とは、痛みや麻痺のある箇所を実際に検査することです。たとえば、部位の可動域のチェックや筋力テストなどが含まれます。そして、最終的な診断を下すのですが、以前よりむちうち症は患者が痛いと言えば、それで障害認定されるケースが多々ありました。

しかし、現在は神経学的所見の検査も種類が豊富になり、より精度の高い結果が出るようになり、それが逆に患者にとって不利に働くことも増えてきました。これが原因となり、第14級9号の場合は揉めるケースが多くなっているので注意が必要です。

 後遺障害第14級の限度額は75万円

後遺障害第14級の自賠責保険の保証限度額は75万円となっており、第13級と比べると60万円程度も下がってしまいます。とはいえ、これは単なる自賠責保険の上限でしかありません。

弁護士基準で言えば600万円程度が認められたケースもありますし、むちうち症であっても350万円程度が認められたケースだってあります。少しでも等級認定や補償金、示談金に不満があるのであれば、後遺障害請求の専門家である弁護士などに相談するようにしてください。

特に後遺障害14級という低い等級になると、交渉次第で大きく損をするケースが多々存在するため、専門知識やプロの交渉術を用いて、適正な賠償金を受け取れるよう進めていきましょう。

 - 後遺障害の各等級