後遺障害13級|目に見えてわからない後遺障害もある状態

   

後遺障害の第13級は、労働能力損失率が9パーセントとなっています。この等級付近になってくると、健常者とほとんど変わらない状態と言えますが、それでも後遺障害があると目に見えてわかるものもありますし、やはり低い等級であっても適正となる損害賠償を受けるべきです。

中には目に見えてわからない後遺障害もあるため、自身の意見をしっかり主張し、保険会社に任せきりになることがないよう、手続きを行っていきましょう。

 後遺障害13級

後遺障害13級は下記のように、損害を負った部位ごとに1号から11号が割り当てられています。

  • 後遺障害13級1号 片目の視力が0.6以下になった
  • 後遺障害13級2号 正面以外を見た場合に複視の症状を残した
  • 後遺障害13級3号 片目に半盲症、視野狭窄、または視野変状を残した
  • 後遺障害13級4号 両目のまぶたの一部を欠損し、または、まつげはげを残した
  • 後遺障害13級5号 5歯以上に歯科補綴を加えた
  • 後遺障害13級6号 片手の小指が機能しなくなった
  • 後遺障害13級7号 片手の親指の指骨の一部を失った
  • 後遺障害13級8号 1下肢を1センチ以上短縮した
  • 後遺障害13級9号 片足の第3の足指以下の1、または2の足指を失った
  • 後遺障害13級10号 片足の第2の足指が機能しなくなった、第2の足指を含み2の足指が機能しなくなったもの。または、第3の足指以下の3の足指が機能しなくなった
  • 後遺障害13級11号 胸胸部臓器の機能に障害を残した

 視力低下があれば第13級1号

交通事故の影響で視力が下がってしまったり、視力に障害を残したりした場合は、後遺障害第13級1~3号が認定される可能性が出てきます。第1号は片目の視力が0.6以下になってしまった場合で、これには交通事故前の視力低下は含まれない点に注意しましょう。あくまでも交通事故が原因で視力が低下した場合に認定されるものです。

 複視と診断されると第13級2号

次に、第2号ですが、こちらは複視の症状が起きた場合です。正面以外の方向を見た時に、見えているものが二重に見える状態を指し、症状は乱視に似ているのですが、乱視が片目で見ても二重に見える一方で、複視は両目で見ているときも二重に見える状態を指しています。こちらは症状が軽い場合、自覚症状がないケースもあるため、眼科で必ず検査してもらいましょう。

 視野に障害が残ると第13級3号

最後に第3号ですが、片目に半盲症や視野狭窄といった、視野に関する障害が残ってしまった場合に認定される可能性が出てきます。ここでいう視野とは、1点を見つめたときの範囲を指します。たとえば、右目に視野狭窄が残った場合、歩いているとやたら右側が人にぶつかるといった症状が出てきます。健康であれば視野は補完されていくものですが、事故が原因で日常生活に影響が出やすい後遺障害であるため、少しでも違和感があれば必ず眼科で検査してください。

 瞼やまつげの障害は第13級4号

眼の障害という意味では第13級4号も含まれますが、こちらは眼球自体ではなくそれを覆っている瞼に関する障害です。交通事故が原因で瞼を欠損した場合、またはまつげを半分未満失って生えてこなかった場合も第13級4号が適用されることになります。

なお、瞼の場合、普通に閉じていても眼球の黒目を覆えなくなるほどの欠損がある場合、第9級の4号が適用されます。どの程度の露出かによって等級認定が異なる点に注意しましょう。

 歯に5本以上の治療を加えると第13級5号

交通事故の衝撃によって、歯を5本以上失ったり、それに近い損失を受けたりした場合、第13級5号が適用されることになります。ここでいう歯科補綴とは、簡単に言えば歯科に治療を加えたことです。たとえば、ブリッジをかけるために交通事故での損傷と関係がない歯にも治療を施したのであれば、歯科補綴があったとして本数に数えられます。なお、歯科補綴に前歯や奥歯といった区別はありませんが、乳歯は含まれないことを覚えておきましょう。

 片手の指に後遺障害が残ると第13級6・7号

交通事故後、片手の指に下記のいずれかの後遺障害が残ると第13級6号が適用されます。

  • 小指の第一関節より先の骨を欠損し、長さが2分の1以下になった
  • 小指の根元、あるいは第二関節の可動域が2分の1以下になった
  • 小指の感覚がまったくなくなってしまった

その一方で第13級7号は、片手の親指の骨の一部が欠けた場合に適用されます。ここでの欠けているというのは、実際に欠損がなくても骨がくっつかなくなる「遊離骨折」も含まれます。

なお、骨の欠損の程度によっては後遺障害の等級は上がっていくので、自身の等級はどの程度が適正なのかは専門家や専門医に相談しながら見極めていく必要があります。

なお、片手の指の後遺障害に関して、利き手は関係が無い点も覚えておきましょう。

 片足の長さが短くなってしまうと第13級8号

交通事故によって片足の長さが短くなってしまうと第13級8号が適用されることになります。

具体的には、1センチ以上3センチ未満短くなってしまった場合です。3センチ以上短くなってしまった場合、さらに上の等級が認められることになっています。

ここで注意したいのが、1センチ未満短くなってしまった場合では後遺障害が認められないという点です。1センチ未満程度であれば、整体などで矯正できる範囲であるとして、たとえ治さなかったとしても日常生活に支障がないと考えられています。これより下の等級はないので、いかにこの等級で認定されるかが重要と言えるでしょう。

 片足の指に障害が残ると第13級9・10号

片足の指に以下の障害が残ると、第13級9号が認定されることになります。

  • 片足の足指のうち、手でいうところの中指・薬指・小指の3本のうち1本、もしくは2本の指を第1関節から根元で切断してしまった

なお、失う指の本数が増えると等級が上がることになっています。

次に、第13級10号は具体的に以下のような障害が残った場合です。

  • 片足の足指のうち、手でいうところの人差し指が第1関節から根元で切断した場合、または、指の可動域が2分の1以下になった場合
  • 片足の足指のうち、手でいうところの人差し指1本と、それに加えて中指・薬指・小指の3本のうち1本が第一関節から根元より手間で切断した場合、または、指の可動域が2分の1いかになった場合
  • 片足の足指のうち、手でいうところの中指・薬指・小指の3本すべての指が、第一関節から根元より手前で切断した場合、または、可動域が2分の1以下になった場合

なお、上記の等級表では簡易的な表現を用いていますが、実際には「失った場合」と「用を廃した場合」は異なることを覚えておきましょう。失うとは指を根元から切断した場合を指しますが、用を廃したとは、切断で指の大部分を失った場合も含みます。要は機能しなくなったと覚えておくと良いでしょう。いずれにせよ、この解釈の違いは重要になりますので、専門家への相談が必須です。

 内臓に障害が残ると第13級11号

内臓に関する後遺障害のうち、もっとも程度が軽いのが第13級11号になります。具体的には以下のような後遺障害が残った場合に適用される可能性が出てきます。

  • 胃の全部、あるいは一部を切除した
  • 胆嚢を失った
  • 脾臓を失った
  • 肝臓を失うか、肝機能が著しく低下した
  • 睾丸や卵巣の片側が失われた場合、または、生殖行為は可能なもののわずかながら機能に障害が残った場合

 後遺障害第13級の限度額は139万円

後遺障害第13級の自賠責保険の保証限度額は139万円となっており、第12級と比べると100万円弱も下がってしまいます。とはいえ、これは単なる自賠責保険の上限でしかありません。

弁護士基準で請求した場合、1000万円近くになることもありますので、等級認定や補償金に納得いかない場合は、必ず弁護士といった専門家にご相談ください。

第13級にまで等級が下がってくると、示談交渉の仕方次第では単に文句をつけているだけと解釈されてしまうこともあるため、専門知識と交渉術を持つ専門家にサポートしてもらいましょう。

 - 後遺障害の各等級