後遺障害12級|号数で古いデータか新しいデータかが判別できる

   

後遺障害の第12級は、労働能力損失率が14パーセントとなっています。以前まで第12級は15号まで分類されていたのですが、男女平等を踏まえて1項目削除され、現在は14号までとなっています。後遺障害等級認定について調べる際、第12級が何号まであるかで古いか新しいを判別できるため、この点に注目しているとその他のデータの古さにも気づくことができます。

 後遺障害12級

後遺障害12級は下記のように、損害を負った部位ごとに1号から14号が割り当てられています。

  • 後遺障害12級1号 片目の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残した
  • 後遺障害12級2号 片目のまぶたに著しい運動障害を残した
  • 後遺障害12級3号 7歯以上に歯科補綴を加えた
  • 後遺障害12級4号 片耳の耳殻の大部分を欠損した
  • 後遺障害12級5号 鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨、または骨盤骨に著しい変形を残した
  • 後遺障害12級6号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残した
  • 後遺障害12級7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残した
  • 後遺障害12級8号 長管骨に変形を残した
  • 後遺障害12級9号 片手の小指を失った
  • 後遺障害12級10号 片手の人差し指、中指、または薬指が機能しなくなった
  • 後遺障害12級11号 片足の第2の足指を失った、第2の足指を含み2の足指を失った、または第3の足指以下の3の足指を失った
  • 後遺障害12級12号 片足の第1の足指、または他の4の足指が機能しなくなった
  • 後遺障害12級13号 局部に頑固な神経症状を残した
  • 後遺障害12級14号 外貌に醜状を残した

 一方の目や瞼に障害が残れば第12級1・2号

交通事故によって片目や、片方の瞼に障害が残れば、後遺障害第12級1・2号が認定される可能性が出てきます。ここでいう障害というのは、1号は視力関係なく遠くのものを見たり、近くのものを見る際のピントを合わせる機能に障害が残ったかどうかです。これが健常者の2分の1になった場合、認定される可能性が出てきます。ただし、年齢ごとに平均値が算出されているので、検査は年齢とそれに合わせた数値を基に判断することになっています。

そして2号は、瞼の運動障害についてです。具体的には以下のものになります。

  • 自力で瞼を開けているつもりが、瞼が十分に開かず瞳孔が隠れたままである
  • 自力で瞼を閉じているつもりが、瞼が十分に閉じておらず、瞳孔や角膜が露出している
  • 瞬きをうまくすることができない

 交通事故で7歯をなくせば第12号3号

交通事故の衝撃などによって歯をなくすことは多く見受けられますが、その中でも7歯に補綴(簡単に言えば治療のこと)を要した場合、つまり、なくした場合は第12級3号が認定されます。

なお、ここでいう7本とはあくまで事故によってなくした数であり、もとからあった虫歯などは対象にならないため注意が必要です。また、対象となるのは永久歯だけであって、子どもの乳歯についてはいずれ生え変わる点からも対象にはなっていません。

 片耳の耳殻を半分以上欠損すると第12級4号

ここでいう耳殻というのは、耳の機能のうち外側に張り出している部位を指しています。わかりやすく言えば、耳と言われてイメージする部分のことを耳殻と言います。

耳というのは軟骨が複雑な形をしているのですが、すべて意味があってこの形をしています。人間の場合は、音を良く聞きやすくするためにこうした形をしているのです。それを半分以上失ってしまうわけですから、後遺障害が残らないわけがありません。とはいえ、人間は慣れなどによって足りない部位を補う機能があるため、聴力自体に大きな影響を及ぼすことないので、比較的軽度な後遺障害として認定されています。

骨の変形が目に見えてわかると第12級5号

先ほど紹介した後遺障害の等級認定表にあるように、鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨、骨盤骨といった大きな骨が交通事故によって折れるなどして、治療の過程で歪んだ場合、第12級5号が認定されることになります。ここでいう歪みというのは数字上の基準があるわけではなく、服を脱いで裸になった際、どの程度の変形が見て取れるかが基準となっています。

なお、第12級5号は日常生活を送る上で影響がない状態を指していますので、そうでない場合はさらに上の等級が認定される可能性が十分にある点に注意しましょう。

腕や足の3大関節中1関節に障害があると第12級6・7号

3大関節とは、腕で言えば肩・肘・手首を指し、足で言えば股関節・膝・足首を指しています。

これらの中で1か所に障害を残すと腕の場合が6号、足の場合が7号となります。

腕で言えば、具体的には以下のような状態です。

  • 関節の動く範囲が4分の3以下になってしまった
  • 手のひらを上に向けたり下に向けたりする運動が2分の1に制限された
  • 動揺関節(動きが不安定になること)が生じ、時々補装器具が必要になった
  • すぐ脱臼してしまう(習慣性脱臼)

足で言えば、具体的には以下のような状態です。

  • 関節の動く範囲が4分の3以下になってしまった
  • 通常の仕事に影響はないものの、動揺関節が生じたため関節負担が大きく、重労働の場合には補装器具が必要になってしまった
  • すぐ脱臼してしまう(間接性脱臼)

 腕や足部分の長い骨に障害が残ると第12級8号

等級認定表にある「長管骨」とは、腕や足部分の長い骨のことを指しています。

腕で言えば、上腕骨・橈骨・尺骨と呼ばれる部位で、足で言えば、大腿骨・腓骨・脛骨と呼ばれる部位のことです。これらのいずれかに障害が残れば第12級8号が認定されることになります。

具体的に言えば、骨が折れたり、曲がってしまったり、以前より骨が細くなってしまったり、癒着そのものが不完全だったりと、様々な症状が想定されています。

とはいえ、第12級8号は日常生活に支障がない程度の障害です。障害が生じるような場合は等級が上がる点に注意しましょう。

 片手の指の障害は第12級9・10号

 交通事故が原因となり、片手の指に障害が残った場合、第12級9・10号のいずれかが認定される可能性が出てきます。9号の場合は、左右どちらかの小指を失った状態を指します。あまり日常生活に影響がなさそうですが、小指がないだけで握力が著しく低下してしまうのです。

10号の場合は、実際の認定表では「用を廃した」と表現され、具体的に以下の状態を指します。

  • 指の長さが半分以下になってしまった
  • 親指の第1関節、その他の指は第2関節より先が健康だったときに比べ稼働が2分の1になった
  • 指先にある痛みや温度、触感などの感覚が完全に失われてしまった

 片足の指の障害は第12級11・12号

続いて足の指の障害である11号の場合ですが、こちらは色々と条件があるため下記にまとめています。

  • 片足の足指で、人差し指にあたる指1本を失った
  • 片足の足指で、人差し指にあたる指1本と親指以外の足指を失った
  • 片足の足指で、中指、薬指、小指にあたる指3本を失った

これらいずれかに該当すれば第11号が認定されることになっています。

最後に第12号については、上記の10号と同様、「用を廃した」と本来は表現されています。

具体的には以下の状態を指しています。

  • 親指に当たる指の第1関節の長さが2分の1になった
  • 親指以外の足指が根元から第1関節の間で切断された
  • 親指が第1関節、それ以外の指は根元から第2関節にかけて2分の1の可動域になった

これらいずれかに該当すれば第12号が認定されることになっています。

 むちうち症でもっとも重いのが第12級13号

むちうち症というのは医学的な証明が困難な症例が数多くあり、たとえ本人に痛みや麻痺、しびれなどの自覚症状があったとしても後遺障害認定の障害になることは多々あります。

このむちうち症の中でももっとも重いとされているのが第12級13号となっています。

具体的にはレントゲンやCTなどによる医学的な根拠が必要になる点に注意しましょう。

なお、椎間板ヘルニアとの区別が困難であり、13号の認定は非常に難しいとされています。

 改正により男女平等になったのが第12級14号

交通事故が原因となり、大きな傷跡が残った場合、第12級14号の認定対象になります。

数年前までは男女に認定の差があったのですが、現在は男女平等とされ、等級認定上、男女に差が生じることはなくなりました。14号は具体的に以下のような状態を指しています。

  • 頭にニワトリの卵大より大きな傷跡が残った
  • 頭蓋骨がニワトリの卵大より大きくかけてなくなってしまった(人工骨による補完は対象外)
  • 顔に10円玉サイズ以上の傷跡、長さ3cm以上の線上の傷跡が残った
  • クビにニワトリの卵大より大きい傷跡が残った
  • 耳殻(耳を指している)の一部が欠けてなくなった
  • 骨の軟骨部の一部が欠けてしまった

なお、等級認定表には「外貌に醜状を残す」といった、あまり見慣れない表現が用いられていますが、わかりやすく言えば、外貌とは手足を除いて普段から露出する箇所を指しています。たとえば頭部や顔、首などのことです。ただし、12級は服を脱いだ場合もかんがみ、両腕や両足に手のひらより3倍ほど大きな傷跡が残った場合や、胸や腹、背中などに全面積の半分以上の傷跡が残った場合など、第12級の準用基準も定められております。

 後遺障害第12級の限度額は224万円

後遺障害第12級の自賠責保険の保証限度額は224万円となっており、第11級と比べると100万円以上も下がってしまいます。といっても、これはあくまでも自賠責保険の上限でしかありません。弁護士による請求の場合、最高で1000万円を超えることもあるため、手続きは慎重に進める必要があります。また、医師ごとの判断の違いなどによっても、等級認定に差が出てくるケースもありますので、場合によっては別の医師、状況毎に特化した専門家に依頼するなどして、適正な金額での賠償がされるよう手続きをサポートしてもらいましょう。

 - 後遺障害の各等級