後遺障害10級|歯に関する後遺障害はこの等級から

   

後遺障害の第10級は、労働能力損失率が27パーセントとなっています。等級認定は1級~14級までありますが、この等級では事情次第では認められない場合も多く、ひどいと泣き寝入りなんてことにもなりかねません。下記にて正しい知識を身に着け、適正な等級認定を求めましょう。

なお、歯に関する後遺障害でもっとも重度なのが14級となっている点もポイントです。

 後遺障害10級

後遺障害10級は下記のように、損害を負った部位ごとに1号から11号が割り当てられています。

  • 後遺障害10級1号 片目の視力が0.1以下になった
  • 後遺障害10級2号 正面を見た場合に複視の症状を残した
  • 後遺障害10級3号 咀嚼または言語の機能に障害を残した
  • 後遺障害10級4号 14歯以上に歯科補綴を加えた
  • 後遺障害10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を介することができない
  • 後遺障害10級6号 片耳の聴力が耳に接近した大声でなければ理解できない
  • 後遺障害10級7号 片手の親指、または親指以外の2の手指が機能しなくなった
  • 後遺障害10級8号 1下肢を3cm以上短縮した
  • 後遺障害10級9号 片足の第1の足指、または他の4の足指を失った
  • 後遺障害10級10号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残した
  • 後遺障害10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残した

 視力については第10級1号

交通事故が原因で、視力が低下すると第10級1号が適用される可能性があります。

具体的には、片目の視力が0.1以下にまで押してしまった場合です。といっても、片目が0.1程度であれば少し目の悪い方にはあり得ることからも、もともと視力が悪かっただけでは認定されず、あくまでも交通事故によって視力が低下した場合に適用される点に注意です。

なお、左右の視力に大きな差が出た場合、さらに視力低下される危険があるため、眼に異常を感じたら必ず医師の診断を受けてください。

 複視が見受けられると第10級2号

複視と似たような言葉に乱視がありますが、この2つは似ているようで若干違います。

複視は正面で物を見た時に二重に見える症状を指すのですが、乱視は眼球そのものに問題があり、一方で複視は眼球をコントロールする神経や筋肉に異常が起きた場合も指しています。

片目では物がはっきり見えるにも関わらず、両目だと二重で見えるような場合は、複視に該当している可能性が非常に強いため、必ず医師に確認してもらいましょう。

 咀嚼・言語機能では最も軽い等級が第10級3号

ここでいう咀嚼とは、食べ物を噛んで飲み込み機能で、言語機能とはそのまま言葉を話す機能のことです。いずれも口や顎、舌などを失うことによって生じます。

咀嚼や言語機能についてはもっと上の等級もありますが、第10級3号が適用されるのは、咀嚼では歯ごたえのある食材が食べられない状態を指し、言語機能では、口唇音・歯舌音・口蓋音・咽頭音のうち1種類の発音ができなくなった場合を指しています。

 歯を半分以上失くした場合は第10級4号

上の等級から見ていけば、歯に関する後遺障害等級が出てくるのは第10級が初めてです。

交通事故の場合、強い衝撃が伴うことが多いため歯が何本か折れてしまうことはありますが、第10級4号が適用されるのは永久歯28本のうち14本を無くしてしまった場合です。

歯科補綴という見慣れない言葉が出てきますが、これは単に歯科の治療をしたという意味です。

差し歯やブリッジなど適正な歯科治療を施してもらい、等級も認定してもらいましょう。

 耳についての障害は第10級5・6号

交通事故が原因となり、両耳の聴力が1m離れていると普通の会話も理解できなくなってしまえば、第10級5号が適用される可能性があります。検査の事情で言えば、ピー音がいかに聞き取れるかを基準にし、純音聴力レベル50dB以上、または40dB以下で、言葉を聞き取れるかという明瞭度が70%以下の場合です。次に、第10級6号は、片耳にかなり接近しなければ大声も聞こえない状態で、具体的には純音聴力が80dB~90dB未満の場合です。

 指についての障害は第10級7号

上記ではわかりやすいように、機能しなくなったと表現していますが、本来の等級認定表では、「用を廃したもの」と聞きなれない表現がされています。具体的には以下のものです。

  • 第一関節を長さの2分の1以上失った
  • 指の根元か第二関節の可動域が2分の1以下になった
  • 親指を立てるなどの動作(橈側外転といいます)、または親指を掌につける動作(こちらは掌側外転)の動く範囲のいずれかが2分の1かになった
  • 神経麻痺の影響で指が存在している感覚がなくなったり、触覚や温度感覚、痛覚が失われた

 足の長さや指に障害が残れば第10級8・9号

交通事故では足の骨折はよくある怪我です。その治療の過程で片足の長さが3cm以上、5㎝未満縮んでしまった場合は、後遺障害第10級8号が認定される可能性が出てきます。

なお、第10級9号は片足の親指、または親指以外の指すべてを失った場合とわかりやすいものになっています。いずれも、左右の効き足については考慮されないため注意しましょう。

 手足の3大関節に障害があれば第10級10・11号

腕の3大関節とは肩・肘・手首を指し、足は股関節・膝・足首を指しています。

この関節が動かなくなってしまえば、まともに日常生活を送れない危険もあります。第10級10・11号では、各関節の可動域がもともとの2分の1以下になった場合に適用され、これが上記でいう著しい障害に該当します。なお、まったく動かない場合などは8級が適用対象です。

 後遺障害第10級の限度額は461万円

後遺障害第10級の自賠責保険の保証限度額は461万円となっており、第9級と比べると150万円ほども下がってしまいます。といっても、これはあくまでも自賠責保険の上限でしかありません。

ただ、この程度の等級になってくると、医師のちょっとした判断の違いなどで等級認定が認められない可能性も出てくるため、慎重に手続きを進める必要があります。場合によっては専門家に依頼するなどして、適正な金額での賠償がされるようサポートしてもらってください。

 - 後遺障害の各等級