後遺障害9級|事情次第では認められない微妙なケースもある状態

   

後遺障害の第9級は、労働能力損失率が35%となっていますが、この等級あたりにまでくると、事情次第では等級認定が認められないような微妙なケースも出てきます。

下手をすると泣き寝入りになってしまうこともあるので、下記にて正しい知識を蓄えておきましょう。

後遺障害9級

後遺障害9級は下記のように、損害を負った部位ごとに1号から17号が割り当てられています。

  • 後遺障害9級1号 両目の視力が0.6以下になった
  • 後遺障害9級2号 片目の視力が0.06以下になった
  • 後遺障害9級3号 両目に半盲症、視野狭窄、視野変状を残した
  • 後遺障害9級4号 両目のまぶたに著しい欠損を残した
  • 後遺障害9級5号 鼻を欠損し、機能に著しい障害を残した
  • 後遺障害9級6号 咀嚼および言語の機能に障害を残した
  • 後遺障害9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では話し声を理解できなくなった
  • 後遺障害9級8号 片耳の聴力が耳に接近した大声でなければ理解できなくなり、片耳の聴力が1m以上の距離では話し声の理解が多少困難になった
  • 後遺障害9級9号 片耳の聴力をまったく失った
  • 後遺障害9級10号 神経系統の機能に障害を残し、服することができる労務が制限された
  • 後遺障害9級11号 胸腹部臓器機能に障害を残し、服することができる労務が制限された
  • 後遺障害9級12号 片手の親指、または親指以外の2指を失った
  • 後遺障害9級13号 片手の親指を含む2指が機能しなくなった、又は親指以外の3指が機能しなくなった
  • 後遺障害9級14号 片足の親指、または親指以外の2指を失った
  • 後遺障害9級15号 片足の指の機能が制限された
  • 後遺障害9級16号 外貌に相当の醜状痕を残した
  • 後遺障害9級17号 生殖器に著しい障害を残した

視力については第9級1・2号

交通事故が原因で、視力が低下すると第9級1・2号が適用される可能性が出てきます。

具体的には、両目の視力が0.6以下になると第9級1号で、片目の視力が0.06以下になると第9級2号が適用されます。こちらはあくまでも交通事故が原因でなければならず、もとから視力が悪かった場合は対象外とされてしまうので注意が必要です。

 見え方や瞼については第9級3・4号

目の中の後遺障害でも見え方や瞼については第9級3・4号が適用される可能性があります。

具体的には、見え方が半盲症・視野狭窄・視野変状になった場合が第9級3号が適用されます。

半盲症とは、視界の半分が見えなくなることを言い、対して視野狭窄とは視野が狭くなることを言います。視野変状というのは視野狭窄の1種と判断される場合もありますが、わかりやすく言えば視野の中にぽつぽつと部分的に見えない箇所がいくつもあるような場合です。

そして瞼に欠損が生じた場合(角膜を完全に覆い隠せないような状態)、第9級4号が適用されます。なお、こちらは外貌にも関わるため、どちらの後遺障害として認定するかの問題もあります。

 鼻への障害については第9級5号

交通事故が原因となり、鼻の軟骨部分を全部、または大部分を失ってしまうと嗅覚や呼吸機能に大きな障害を残す場合があります。こういった場合は第9級5号が適用されます。

とはいえ、こちらも瞼と同様、外貌に関わるともいえるため、この等級よりも高い第7級12号が認定される場合もあります。可能な限り高い等級にて認定されるよう努力が必要です。

 咀嚼と言語障害については第9級6号

交通事故によって咀嚼や言語に障害が生じると第9級6号が適用される可能性が出てきます。

ここでいう咀嚼とは、主に食べ物を噛んで飲み込むことを指しています。具体的には歯ごたえのある食材が食べられない場合です。ご飯や煮魚などの柔らかいものまで食べられない場合は、もっと上の等級が認定されます。次に言語障害については、発音の基本である口唇音・歯舌音・口蓋音・咽頭音のうち1種類の発音ができなくなった場合を指しています。

 聴力への障害については第9級7・8・9号

後遺障害第9級には聴力への障害について3つの等級があります。

まず、両耳が単純な音を聴きとれるかという判断に用いる、純音聴力レベル60dB以上、又は50dB以上で、言葉を聞き取れるかの判断に用いる、明瞭度が70%以下の場合、第9級7号です。

次に、片方の耳が触れるほどの近距離でなければ大声でも聞こえないほどの聴力なってしまい、かつ、残った耳も1m以上離れた普通の会話が聞き取れない状態は第9級8号です。

なお、第9級9号はわかりやすく、片耳だけが完全に聴力を失った状態を指しています。

 脳神経系への障害は第9級10号

脳神経系に障害が残った場合、どの程度労務が制限されたかによって判断します。

第9級10号は労働損失率が35%になっているため、通常の方の65%程度の労働能力を持っていれば適用されるというわけです。具体的な症状としては下記のような障害が残った場合です。

・高次脳機能障害 ・脳の損傷による麻痺 ・脳の損傷を伴わない精神的障害

・外傷性てんかん ・発作的な頭痛など

内臓への障害は第9級11号

脳神経系と同様、内臓に障害が残った場合、どの程度労務が制限されたかによって判断します。

具体的な症状としては下記のような障害が残った場合です。

  • 呼吸器の動脈欠酸素分圧が60Torrを超え、70Torr以下になった(通常は100Torr程度)
  • 心臓機能が低下し、ペースメーカーをつけることになった
  • 消化器を全摘出した、又は一部を切除したなどにより日常生活に障害が生じた
  • 臓器の場所がずれてしまう「腹壁ヘルニア」になった
  • 肝臓や膀胱などの泌尿器系に障害が残った

 手指への障害は第9級12・13号

交通事故によって片手の親指1本、又は親指をのぞく2本の指を失うと第9級12号です。

第9級13号は、片手の親指を含む2本、又は親指以外の3本が以下の状態になった場合です。

  • 第一関節の2分の1以上が失われた
  • 指の根元か第二関節(親指は第一関節)の可動域が2分の1以下になった
  • 親指を立てる動作、又は親指を掌につける動作の際に動く範囲が2分の1以下になった
  • 指に神経麻痺が残り、感覚がなくなったり、物に触れる温度感覚や痛覚が完全に失われた

 足指への障害は第9級14・15号

交通事故によって片足の親指を含む2本の指を根元から切断した場合は、第9級14号です。

第9級15号は、片足の指が機能しなくなった場合に適用されます。具体的には以下です。

  • 片足の親指を第一関節で切断し、長さが2分の1以下になった
  • 片足の親指以外の指すべてを第一関節から根元まで切断した
  • 片足の指が根元から第一関節にかけて動かせる範囲が2分の1以下になった

 残った傷跡についての障害は第9級16号

交通事故によって傷跡が残ってしまった場合、中でも顔への傷跡は9級16号が適用される可能性が出てきます。ここでいう相当の醜状痕とは、顔に5㎝以上の線上の傷がはっきり確認できるような傷を指しています。もともと顔の傷跡は女性だけを対象にしていたのですが、近年は男女平等の見直しがされ、第9級16号が新たに作られることになりました。

 生殖能力への障害は第9級17号

交通事故が原因で生殖器に大きな損害を負った場合は、第9級17号が適用されます。

特に男性は生殖器があらわになっているので、交通事故の際に損傷することも多いです。

具体的には以下のような状態をさします。

・ペニスの大部分を欠損した ・勃起障害になってしまった ・射精障害になってしまった

・膣口が狭くなりセックスができなくなった ・卵管に閉塞や癒着を残した ・頸管に閉塞を残した

・子宮を失った

 後遺障害第9級の限度額は616万円

後遺障害第9級の自賠責保険の保証限度額は616万円となっており、第8級と比べると200万円以上の違いがあります。第9級付近になると、認められない後遺障害も出てくるため、手続きも慎重に行う必要が出てきます。なお、上記の保証限度額はあくまでも自賠責限度額でしかありません。場合によってはこれ以上の支払いを求めるケースもあります。納得いかない等級認定をされた際は、必ず専門家に相談し、適正な金額で賠償されるようにサポートしてもらいましょう。

 - 後遺障害の各等級