後遺障害8級|通常の方の半分程度しか労働できない状態

   

後遺障害の第8級は、労働能力損失率が45%となっています。社会復帰ができないような重い後遺障害ではないにしても、通常の方の半分程度しか労働できないと言い換えることもできます。

このあたりの等級になってくると判断1つで等級が上下することがあるのですが、第8級は判断しやすい項目が多いため、障害認定で揉めることも少なくなっています。

後遺障害第8級

後遺障害8級は下記のように、損害を負った部位ごとに1号から10号が割り当てられています。

  • 後遺障害8級1号 片目が失明した、又は片目の視力が0.02以下になった
  • 後遺障害8級2号 脊柱に運動障害を残してしまった
  • 後遺障害8級3号 片手の親指を含む2本の指を失った、又は親指以外の3本の指を失った
  • 後遺障害8級4号 片手の親指を含み3本の指が機能しなくなった、又は親指以外の4本の指が機能しなくなった
  • 後遺障害8級5号 1下肢を5㎝以上短縮した
  • 後遺障害8級6号 1上肢の3大関節の1関節の機能が制限された
  • 後遺障害8級7号 1下肢の3大関節の1関節の機能が制限された
  • 後遺障害8級8号 1上肢に偽関節を残した
  • 後遺障害8級9号 1下肢に偽関節を残した
  • 後遺障害8級10号 片足の足指を全部失った

 失明の中で最も軽いのが第8級1号

交通事故によって目を失明した場合、又は片目の視力が0.02以下になった場合、第8号1号が適用されます。この第8級1号は、失明に関する後遺障害の中で最も軽いものです。

事故による影響が片目だけというのも軽く判断されている理由です。といっても、右目や左目に障害の重さに区別はありません。よく使う側の目が失明したとしても、等級表上は反映されることがない点にだけは注意しておきましょう。

 首や背骨が変形してしまうと第8級2号

交通事故で骨に損害を与えるのは決してめずらしくはありません。その中でも脊椎部分に損傷を負った場合は第8級2号が適用されます。脊椎の後遺障害で最も重いのは第6級5号です。

具体的には下記のような症状になります。

  • 首の骨や背骨を動かせる可動域が2分の1以下になった(なお、第6級5号は10%以下)
  • 頭蓋骨から首の骨、背骨にかけて著しいほどの異常可動がある

 指の後遺障害は第8級3・4号

交通事故が原因で片手の親指を含む2本、又は親指以外で3本を失うと第8級3号が適用されます。4号は少し内容がわかりづらくなっていて、片手の指が全部、あるいは親指を含む4本の指が下記のような状態になった場合です。

  • 第一関節の2分の1以上が失われた
  • 指の根元か第二関節(親指は第一関節)の可動域が2分の1以下になった
  • 親指を立てる動作、又は親指を掌につける動作の際に動く範囲が2分の1以下になった
  • 指に神経麻痺が残り、感覚がなくなったり、物に触れる温度感覚や痛覚が完全に失われた

 片足の長さが変わってしまうと第8級5号

実は左右の足の長さがまったく同じ方はあまりいませんが、歩行に支障が出ることはありません。

しかし、交通事故の際に足を骨折したり、怪我を治癒したりする過程で、歩行に支障が出るほど長さが変わってしまうこともあるのです。この場合は、第8級5号が適用されます。

 手足の3大関節中の1つの機能が失われると第8級6・7号

後遺障害第8級6号と7号の違いは、上肢か下肢かでしかありません。ここでいう上肢とは腕のことを指し、下肢は足のことを指しています。

これらの3大関節になるので、上肢は肩・肘・手首、下肢は股関節・膝・足首となっています。このうちの1つがまったく動かなくなると第8級6号、7号が適用されることになります。

 骨がくっつかずにグラグラになると第8級8・9号

後遺障害第8級8号と9号の違いも上肢か下肢かでしかありません。そして偽関節とは、骨折を治療していくうちに骨がくっつかなくなってしまい、グラグラになった状態をいいます。

最近は医療の発展が著しく、偽関節になったとしても治療次第でくっつくケースもよく見受けられます。よって、この後遺障害が適用される機会は以前と比べるとだいぶ減っています。

 片足の指をすべて失うと第8級10号

後遺障害第8級10号は非常にわかりやすく、片足の指をすべて切断されると適用されます。

実は足の指というのは歩行の際のバランスを取ったり、走り出すときの重点になったりと重要な部位になっています。もし、両足の指を失ったとなれば第7級11号に上がります。

なお、効き足は等級認定には反映されないため注意が必要となっています。

 後遺障害第8級の限度額は819万円

後遺障害第8級の自賠責保険の保証限度額は819万円となっており、第7級と比べると200万円以上の違いがあります。第8級は等級認定上の判断が比較的容易とはいえ、これより上の等級を認められるか否かでは大きな違いがあります。

また、これはあくまでも自賠責の限度額でしかありません。場合によってはこれ以上の支払いを求めるケースはいくらでもあります。納得いかない等級認定をされた際は、必ず専門家に相談し、適正な金額で賠償されるようにサポートしてもらいましょう。

 - 後遺障害の各等級