後遺障害7級|判断次第で等級が低くなりやすく注意が必要

   

後遺障害の第7級は、労働能力損失率が56%となっています。後遺障害の等級認定は1級から14級までとなっていますので、ちょうど真ん中に位置するのが第7級になります。

第7級というのは、わかりやすい症状もありますが、判断次第では等級がさらに低くなってしまう場合もあったり、上の等級が望めたりする場合もあるため注意が必要となっています。

今回は、この後遺障害7級について詳しく見ていきましょう。

後遺障害7級

後遺障害第7級は下記のように、損害を負った部位ごとに1号から13号に分類されています。

  • 第7級1号 片眼が失明し、もう一方の視力が0.6以下になった
  • 第7級2号 両耳の聴力が40㎝以上の距離では普通の会話を理解できなくなった
  • 第7級3号 片耳の聴力を全く失い、もう一方の聴力が1m以上の距離では普通の会話を理解できなくなった
  • 第7級4号 神経系統の機能か精神に障害を残し、簡単な労務以外できなくなった
  • 第7級5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、簡単な労務以外できなくなった
  • 第7級6号 1手の親指を含む3つの手指を失った、または親指以外の4の手指を失った
  • 第7級7号 1手の5の手指、または親指を含む4つの手指が機能しなくなった
  • 第7級8号 1足をリスフラン関節以上で失った
  • 第7級9号 1上肢に偽関節を残し、著しく運動機能が低下した
  • 第7級10号 1下肢に偽関節を残し、著しく運動機能が低下した
  • 第7級11号 両足の足指のすべてが機能しなくなった
  • 第7級12号 外貌に著しい醜状を残してしまった
  • 第7級13号 両側の睾丸を失ってしまった

 残った眼の視力が0.6以下になると第7級1号

片眼を失明してしまい、かつ、もう一方の眼の視力が0.6以下になると第7級1号が適用されます。もともと眼が悪い方は視力0.6以下の方もいらっしゃいますが、片眼が失明していることを考えると日常生活には確実に支障をきたすことになります。

 聴力に関連するのが第7級2号・3号

後遺障害7級の2号と3号はいずれも聴力に関連するものとなっています。

2号の基準は以下のものです。

  • 両耳の平均純音聴力レベルが70dB以下、または50dB以上
  • 言葉を認識できる最高明瞭度が50%以下

3号の基準は以下のものです。

  • 1m以上離れた距離では普通の話し声の理解ができない
  • 平均純音聴力レベルが90dB以上

これらはいずれも聴力検査にて容易に判断することが可能となっているため、比較的わかりやすい部類に属する後遺障害になります。

 神経や内臓に障害を残すのが第7級4号・5号

交通事故が原因で神経や内臓などに障害を残した結果、簡単な労務しか出来なくなってしまうと、第7級4号・5号が適用されることになります。ここでいう簡単な労務とは、一般的に理解し難いのですが、過去の裁判所の判例を見てみると、「一般就労は可能なものの、作業の手順が悪かったり、約束を忘れたり、ミスが多かったりなど、一般の方と同様の作業ができない状態」としています。わかりやすくいえば、一人前に仕事が出来ない状態ということです。

 指への支障に関するのが第7級6号・7号

第7級6号は、片手の親指を含む3本を失った場合、親指以外のすべての指を失った場合です。

これに対して第7級7号は、指を失った場合ではなく機能を失った場合を指しています。たとえば、麻痺で動かなくなってしまった場合が7号に該当しています。

簡単にまとめると切断は6号、麻痺などは7号です。

 足への支障に関するのが第7級8号

片足をリスフラン関節以上で失ってしまった場合は、第7級8号が適用されます。

ここでいうリスフラン関節とは、足の甲の中央あたりにある関節のことです。わかりやすい言葉で言えば、足指の付け根と理解しておけば十分です。リスフラン関節は狭い部位ではありますが、これがあるとないとでは歩行に大きな影響を与えるため、第7級として等級認定がされています。

四肢への支障に関するのが第7級9号・10号

第7級の9号と10号は、上肢か下肢かの違いだけで内容はまったく同じとなっています。

ここでいう偽関節とは、骨折が治っていく過程で骨がくっつかなくなってしまい、安定せずにグラグラしてしまう状態を言います。とはいえ、現代は医療の発展のおかげもあり、偽関節になったとしても適切な治療で完治可能となっているため、この等級認定の適用は少なくなっています。

 足の指に関わるのが第7級11号

足の指というのは想像以上に重要な役割を果たしています。足の指が失われてしまうと、身体のバランスを取るのが困難になる場合もあり、走ることはおろか、歩いたり、単に立っていたりもできなくなる可能性があるのです。足の指は決して軽視すべき部位ではありません。

 改正により男女平等になったのが第7級12号

交通事故が原因で傷跡が残った場合、もっとも重い等級に該当するのが第7級12号です。

外貌というのは、腕や足以外で普段から露出する部分、つまり顔などのことです。具体的には以下のような傷跡が残ってしまった場合です。

  • 頭に手のひら以上の傷跡や頭蓋骨に欠損がある場合
  • 顔にニワトリの卵程度の傷跡が残ったり、10円玉程度の窪みが残ったりした場合
  • クビに手のひら程度の傷跡が残った場合
  • 耳の軟骨部分が2分の1以上かけてしまった場合
  • 鼻の軟骨部の全部、または大部分が欠損してしまった場合

なお、第7級12号は以前まで女性だけに適用されていたのですが、現在は法改正によって男女平等に取り扱われることになっています。

 両方の睾丸を失ってしまうと第7級13号

男性で言えば交通事故が原因で両方の睾丸を失ってしまった場合、女性で言えば両側の卵巣を失ってしまった場合などに適用されるのが第7級13号になります。これを言い換えると、精液の中に精子が無くなってしまった、卵子の形成がされなくなってしまったことを指しています。

なお、こちらが適用されるためには、一時的でなく常態化が条件となっている点に注意です。

 後遺障害7級の限度額は1051万円

後遺障害7級の労働能力損失率は56%と非常に重いものとなっています。しかし、第6級と比較すると250万円近くも差がついているため、判断によって等級が重くなる場合などは争っていく姿勢が必要な場合もあります。とはいえ、この限度額の基準は単なる自賠責基準でしかありません。実際の交渉や裁判の結果次第では、この限度額以上の金額が支払われる場合もあります。

専門家に相談しながら、納得できる金額で賠償されるように手続きを進めていきましょう。

 - 後遺障害の各等級