後遺障害5級|労働能力損失率79%の十分重い後遺障害

   

後遺障害第5級となると、労働能力損失率は79%となっています。等級認定は数字が低いほど重い後遺障害となっていますが、第5級でも十分すぎるほど重い後遺障害となっています。

しかし、第5級あたりになってくると、わかりやすい後遺障害だけでなく、ちょっとした判断次第で等級が大きく異なってしまうこともあるのです。

今回は、この後遺障害第5級について詳しく見ていきましょう。

後遺障害第5級

後遺障害第5級は下記のように、損害を負った部分ごとに1号から8号が割り当てられています。

  • 第5級1号 片目を失明し、もう一方の視力が0.1以下になった
  • 第5級2号 神経系統の機能や精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外できなくなった
  • 第5級3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外できなくなった
  • 第5級4号 1上肢を手関節以上で失った
  • 第5級5号 1下肢を足関節以上で失った
  • 第5級6号 1上肢の機能を全廃した
  • 第5級7号 1下肢の機能を全廃した
  • 第5級8号 両足の足指を全部失った

片目を失明し、もう一方の視力が下がると第5級1号

交通事故原因で片目を失明しただけでなく、もう一方の視力が0.1以下になると第5級1号が適用されます。なお、残ったもう一方の視力次第で等級が下がることもあるので注意しましょう。

視力0.1というと、一般的にも多くいらっしゃいますが、ここでいう0.1というのは矯正した上でも0.1の状態をいいます。それを考えるとやはり重い障害と言えます。

 神経系統や精神の障害次第で第5級2号

第5級の中でも判断が難しいのが、神経系統や精神の著しい障害による障害です。

第1級のように寝たきり、第3級のように自分の身の回りのことができないとなれば比較的判断も容易ですが、第5級2号は仕事自体可能ではあるものの、複雑な仕事ができない場合です。

ここでいう複雑な仕事の線引きは、はっきりされているわけではなく、医師の判断によってどうしても差が出てきてしまいますので、場合によっては何人かの医師に判断してもらいましょう。

 泌尿器系の障害に多いのが第5級3号

第5級3号は、脳や神経系以外の障害で複雑な仕事ができない場合を指しています。

実際によくあるのは、交通事故が原因で泌尿器系に後遺障害が出てしまった場合に多いです。

たとえば、肛門や尿道などに大きなダメージを負った結果、人工肛門を付けざるを得なくなり、自身の意思で排泄をコントロールできなくなってしまえば、仕事に大きな支障をきたしてしまいます。

 片足腕を失う、または、機能しなくなると第5級4~7号

交通事故によって肘関節から手首までの間で片腕を切断すると第5級4号、ひざ下から足首までの間で片足を切断すると第5級5号になります。

次に、腕が切断されたわけでなくても、麻痺などで可動域が10%以下になると第5級6号、同じく足の可動域が10%以下になると第5級7号が適用されます。

両足の指を無くすと第5級8号

交通事故が原因で両足の指を無くしてしまうと、第5級8号が適用されます。

なお、ここでいう指を無くすというのは、リスフラン関節(足の甲の真ん中のこと)より足先を失った場合も同様に適用されます。一見、生活への影響はあまりなさそうにも見えますが、実際には立ち作業の仕事がほとんどできなくなるなど、十分に重い後遺障害となっています。

 後遺障害第5級の限度額は1574万円

労働能力損失率が92%である第4級の自賠責保険の補償限度額が1889万円であるのに対し、72%の第5級は1574万円と、400万円以上も下がることになっています。

とはいえ、こちらはあくまでも自賠責保険の補償限度額でしかありません。後遺障害次第では裁判などによって何千万円もの支払いが認められたケースもあります。

提示された金額に少しでも納得できないのであれば、専門家に相談をしながら、適正な金額を支払ってもらえるよう手続きを行ってみてください。

 - 後遺障害の各等級