損害賠償請求の基準となる後遺障害の等級表について

   

交通事故に遭い後遺障害が残ってしまった・・・。こういった場合は、加害者に対して損害賠償請求が可能となっています。そして損害賠償請求の基準となるのが後遺障害の等級表です。

今回は、この後遺障害等級表について詳しくご説明していきます。

後遺障害の程度ごとに等級を定めている

交通事故の後遺障害とは、「傷害が治ったとき身体に損する傷害」を指しています(自動車損害賠償保障法施行令2条1項2号柱書)。これをわかりやすく表現すれば、傷は治ったにも関わらず身体に治癒不可能な障害が残ってしまったということ。しかし、単に治癒不可能な障害といっても、程度は様々となっていて、植物状態になってしまう場合もあれば、傷が残ったものの日常生活には差し支えない場合もあります。よって、損害賠償の基準は一律にはなり得ません。

そこで、後遺障害に関する損害賠償額の基準のために「等級」を定めているというわけです。

後遺障害の等級認定の意義

対象となる後遺障害がどの等級に当たるのか?については、それぞれ個別に認定する必要があります。これを後遺障害の等級認定と言います。これが損害賠償請求する上でどういった意味があるかというと、自賠責保険の損害賠償金額の上限の線引きができるようになるのです。

それだけじゃなく、事故毎の逸失利益や慰謝料の算定といった側面の意味もあります。というのも、後遺障害事故の場合、個別の逸失利益は、「1年間の基礎的な収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数(逸失利益算出のための数値)」によって計算するのですが、この労働能力喪失率も基本的には後遺障害等級によって割合が定められているのです。

つまり、後遺障害等級認定は損害賠償請求には欠かせない存在というわけです。

等級表は裁判で利用されることも

後遺障害の等級表というのは、一般的に自賠責保険における基準となっていますが、正式な等級認定がされると、任意保険の示談交渉時にも認定された等級が尊重されることになります。

それだけでなく等級表は裁判にて利用されることもあります。しかし、裁判では単に参考とされる程度であって、認定された等級に拘束されることなく、事情に応じた適正な判断をすべく審理が行われていくのが原則です。ということは、たとえ自賠責保険上は10級としか認定されなかったとしても、裁判ではそれ以上の損害賠償額が認められることもあるということ。もちろんその逆もありますが、それはほとんどありません。この理由は、裁判所も等級認定を行う損害保険率算出機構の認定を重視しているため、基準より多くの損害賠償額が認められることはあっても、それ以下になることはほとんどないのです。とはいえ、裁判は主張と立証がものをいう手続きであるため、損害賠償請求を裁判にて行う場合は、必ず専門家にサポートしてもらうようにしてください。

 - 後遺障害の各等級