交通事故発生から後遺障害の認定までにやるべきこと(前編)

   

交通事故の被害に遭ってしまった場合、一体何から手を付けて良いのかわからないという方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 交通事故の知識は、普通に生活をしている分には決して必須となる知識ではありませんが、交通事故はいつどこで巻き込まれるかはわからないもの。いざというときに何からすれば良いのか? また、後遺障害が残ってしまった場合、後遺障害の等級認定までにはどのような流れになるのか? といったことを知っておけば慌てることもありません。

そこで今回は、全2回に渡って「交通事故発生から後遺障害の認定までの大まかな流れ」についてご紹介していきます。

まずは警察に届けるように

交通事故に遭ってしまったら、救急車はもちろん第一ですが、警察に届けることも忘れてはいけません。交通事故があった場合、警察への連絡は加害者側の義務となっていますが、被害者が届け出ることも当然ながら必要です。また、加害者に損害賠償を請求するためには交通事故証明が必要になってしまうため、自動車安全センターから交付を受けることも忘れてはなりません。

加害者と目撃者の確認も重要

加害者に対して確認しておくべき事項は主に下記の項目です。

  • 加害者の住所、氏名、電話番号
  • 加害者が加入している保険会社の確認、証明書番号
  • 加害者が乗っていた車のナンバー
  • 加害者の勤務先の住所や電話番号など

また、加害者の他にも通行人の中に事故の目撃者がいるのであれば、証言のメモや氏名、連絡先を聞いておくことも大切です。事情次第では証人になってもらうように依頼することもあります。

もちろん自分自身も状況を忘れないよう、事故現場の情報をメモや写真などで記録しておくことも忘れないようにしましょう。

医師の診断を受ける

その後は、どれだけ軽傷だと感じても医師の診断は必ず受けるようにしましょう。自分では気付いていないだけで、ケガや症状が重かったといった例も過去にはありました。

なお、あまり期間が空いてしまうと交通事故との因果関係の証明が難しくなってしまうこともりますので、可能な限り早く医師の診断を受けることを忘れてはいけません。

 - 後遺障害について知っておくべきこと