通勤中や業務中の交通事故には労災保険が適用される

   

今回は、労災保険と交通事故に関連する情報について詳しくご説明していきます。

この説明に移る前に、そもそも労災保険とはどういったものなのかについてご説明します。

労災保険とは、労災保険法(正式には労働者災害補償保険法)に基づいて作られた制度で、交通事故が通勤中や業務中にあり、労働者が負傷した場合や傷害が残ってしまった場合、死亡してしまった場合などに、労働者本人やその遺族に対して所定の保険金を給付するという制度です。

なお、ここでいう労働者とは正社員だけでなくパートやアルバイトなどで賃金を得ている方も含まれます。現在、人を雇う以上は、労災保険への加入が義務化されています。 

労災と健康保険について

通勤中や業務中に交通事故にあった場合、上記のような理由から労災の使用が可能です。

しかし、労災を使用する場合は、健康保険を使うことができなくなってしまいます。どちらを使った方が良いかについては、被害者の判断に委ねられていますので、不安な場合は専門家の判断を煽いだ方が良いです。また、事業主の一方的な判断で健康保険を使うように言われることもあるようですが、これは「労災隠し」という違反行為になってしまうので注意しましょう。

もし、労災隠しを促された場合も、専門家に相談するなどして適正な解決を図りましょう。

労災と自賠責保険について

通勤中や業務中に交通事故にあった場合、労災保険だけでなく、自賠責保険を使用することも可能となっています。どちらを使うかについては、被害者の自由となっていますが、通常は、先に自賠責保険を使用し、これがなくなった時点で労災に切り替えるという手順が取られています。

なお、自賠責による後遺障害認定と労災とは別々の制度となっているため、両方を受けることが可能です。自賠責による後遺障害認定を受ける場合、専用の書式や診断書がありますが、これと同様、労災にも専用の書式があります。労災の場合は、労働基準監督署で入手可能です。

それぞれ使い分けて、適正な後遺障害認定をしてもらいましょう。

 - 後遺障害と保険