保険会社や交通事故加害者から連絡が来ない場合の対処法

   

交通事故の後、加害者や保険会社から何も連絡がこなかった場合はどうすれば良いのでしょう?

原則としては、加害者の保険会社から被害者に対して連絡が来るのですが、いつまで経っても連絡がこないということは実際にもあります。もちろん加害者本人からの連絡も一向に来ません。

一見、こんなことがあるのか?とも感じられますが、保険会社側で不手際があれば連絡が来ないことがあってもおかしくはありません。こういった場合は、自ら連絡してみることをおすすめします。

加害者に直接連絡してみる

冒頭のように加害者や保険会社から連絡が来ない場合は、進展させるためには自ら連絡を取る必要があるため、交通事故が起きた際に加害者の連絡先は必ず聞いておく必要があります。

しかし、それでも加害者と連絡が取れないとなれば、保険会社も不明な場合もあります。こういった場合は、交通事故証明書に記載されている加害者の自賠責保険会社に連絡しましょう。

ここで加害者の情報(現在の連絡先や任意保険会社の有無など)が判明するケースもあります

ヒントになるものはなんでも利用してください。

任意保険会社に直接連絡してみる

加害者に直接連絡しても進展が見られない場合、次は任意保険会社に直接連絡してみましょう。

どういった事情で連絡が来なかったのかは保険会社に聞いてみないとわかりませんが、適切な通院頻度で治療を受けている場合などは、その経過を単に待っていただけということもあります。

そういった場合は、担当の医師から症状固定を促された段階で、またこちらから連絡をすれば特に問題はありません。いずれにしても、連絡がこなかった理由だけは確認しておいたほうが不安も解消されるはずなので、任意保険会社に直接連絡してみるのが良いです。

状況がよくわからない場合は専門家に相談を

しかし、それでも状況がよくわからない場合は、専門家に相談することをおすすめします。

また、加害者や保険会社があまりに不誠実な対応をするような場合も専門家の出番です。

特に保険会社からは専門用語を頻出され、何を言っているのかわからないといったケースもよく見受けられます。保険会社はあくまでも自身とは対立する立場にあるため、なにもかも親切に説明してくれるわけではありません。よくわからないまま手続きを進めてしまうと、不利益を被るのが目に見えていますので、少しでも疑問に感じることがある方は必ず専門家に相談してください。

 - 後遺障害と保険