交通事故の治療|自由診療と健康保険の違い

   

私たちは原則として、健康保険に加入していますので、病気やケガで病院の治療を受ける場合に負担しなければならない医療費は3歳以下の幼児や70歳以上の方を除くと3割が一般的です。

しかし、交通事故でケガをした場合、病院で健康保険は使えないと言われることがあります。健康保険が使えないとなると自由診療にて医療費負担をしなければなりません。

では、本当に交通事故の場合、健康保険の使用はできないのでしょうか?

自由診療と健康保険の違い

最初に、自由診療と健康保険の違いについて見ていきましょう。

病院でかかる治療費というのは、どういった診療を行ったかによって配点がされていて、その合計点から金額が算出されるという点数制度を用いています。

健康保険に加入している場合、この点数制度により算出された金額のうち3割を負担することになっています。しかし、健康保険を利用できない診療の場合、自由診療扱いとなり、すべての金額を負担しなければならないのです。さらに、自由診療の際の単価は、病院ごとに自由に決めることができるため、1点あたりの単価が健康保険より高くなっていることがほとんどです。

つまり、自由診療と健康保険とでは、医療費の自己負担額に大きな差が出てきてしまうのです。

自由診療扱いだと損をする場合もある

交通事故の場合、どうせ治療費は相手に負担してもらうのだから、自由診療でも健康保険でも変わらない考える方もいらっしゃいますが、治療費のすべてを相手に支払ってもらえないケースも存在しています。それは、交通事故があった際、自身にも過失(落ち度のこと)があった場合です。

たとえ相手の過失割合が高かったとしても、こちらに過失があれば当然、その割合でそれぞれの負担額が考慮されます。つまり、自由診療扱いされてしまうと、自身に過失があった場合、高額な医療費の一部を自己負担しなければならないケースも存在しているのです。

これらを考慮するのであれば、健康保険にて医療費負担できたほうが遥かに良いと言えます。

健康保険を使用して治療を受けよう

では、健康保険にて交通事故の治療を受けるにはどうすれば良いのでしょうか?

この場合、「第三者行為による傷病届」という書類を社会保険事務所に提出することにより、健康保険の使用が認められることがあります。これは必ず必要になる書類なので覚えておきましょう。

このように、交通事故の場合でも健康保険の使用が認められる可能性は十分にあるため、わからないことがあれば専門家に相談するなどして、自身の負担額を少しでも減らせるように手続きを進めていきましょう。

 - 後遺障害と保険