保険会社から治療費を打ち切られた場合の対処法

   

まだ治療中だというのに保険会社に治療費を打ち切りたいと言われてしまいました。

そんなことがあるのか?といった声も聞こえてきそうですが、実際に交通事故で怪我をし、治療を続けているにも関わらず、治療費の打ち切りを伝えられたという相談事例は数多くあります。

また、よくわからないまま打ち切りを受け入れてしまい、後で後悔する方もいらっしゃるのです

では、こういった場合はどのように対応すべきなのでしょうか?

打ち切られたら後遺障害の等級認定を

まだ痛みやしびれの症状が出ているにも関わらず、治療費を打ち切られた場合は、後遺障害の等級認定を視野にいれましょう。保険会社の担当から打ち切りの際に等級認定についての説明がなかった場合、まだ症状が残っているため、後遺障害の等級に該当する可能性を伝えましょう。

なお、等級認定手続きは、保険会社に任せる「事前認定」という方法と、被害者自信が直接、等級認定を行う「被害者請求」という方法があるのですが、等級認定の説明もしてこないような保険会社だった場合、事前認定はおすすめしません。とはいえ、被害者請求も専門知識がなければ容易には行えないため、こういった場合は専門家に相談するのが良いでしょう。

症状固定ではないかと言われた

保険会社から、症状固定の時期なので治療費は打ち切ると言われた場合はどうでしょう?

ここでいう症状固定とは、治療を続けていても症状の改善が見られなくなった状態を言います。

稀に不親切な保険会社の場合、単に症状固定の時期ですねとしか言わないことがあるため、保険会社から症状固定の話が出た場合は治療費の打ち切りを言っていると捉えましょう。

ただし、症状固定の判断は医者がするものです。保険会社がするわけではありません。よって、上記のような話が出た場合は、必ず主治医に確認するようにしてください。

打ち切られてしまった場合は

では、本当に治療費が打ち切られてしまった場合はどうすれば良いのでしょう?

この場合は、主治医に症状固定についてしっかり確認し、症状固定までは健康保険で通院をしながら、後ほどかかった治療費を保険会社に対して請求するのが良いです。

ただし、請求したからといって、保険会社がすぐ支払うかはなんともいえないため、支払ってもらえなかった場合は裁判を視野にいれる必要があります。また、こうした不誠実な対応をされた場合、弁護士に交渉してもらうことによって打開するケースもあります。保険会社は専門知識の豊富な弁護士相手にいい加減な対応はできないと考えているため、これがきっかけとなって症状固定後の治療費が支払われることもあるのです。

 - 後遺障害と保険