交通事故被害者の味方はどっち?保険会社vs専門家

   

交通事故に遭ってしまい、保険会社と示談交渉する場合、必ず気を付けなければならないことがあります。それは、「保険会社は交通事故被害者の味方ではない」ということ。中には、被害者の無知につけこんで、相場よりも格段に低い金額で示談を進められてしまうこともあるのです。保険会社と交通事故被害者の関係は決して良いものではありません。

では、こういった場合は、どのようにして示談交渉に臨むべきなのでしょうか?

保険会社は示談交渉のプロである

保険会社が示談交渉に出てきたということは、加害者側が任意保険に加入していたということ。よって、たとえ後遺障害が残ってしまったとしても、適正な賠償金を受け取れる可能性が高くなります。しかし、保険会社もなるべくなら支払いを低額にしたいと考えている上に、日頃から示談交渉を行っているプロです。知識が足りないと、どうしても相手の言い分に振り回されてしまうのです。

保険会社側は何度となく交通事故の示談交渉をしていますが、普通に生活をしていたら交通事故に遭うほうがめずらしく、交通事故の示談交渉を何度も経験している方はまずいません。

必ずといっていいほど、専門知識が問われるタイミングがあるため、自信が無い方は弁護士といった法律の専門家に依頼したほうが良いと言えます。

1回目の提示額は低いことが多い

上記のような理由から、保険会社が出してくる1回目の提示額は低いことが多いです。

ここで交通事故被害者を納得させることができれば、保険会社としては支払額を抑えられるため、1回、もしくは2回目の提示額で示談を成立させようとしてきます。しかし、自身が相場を知らなければ提示額が適正なのかどうかもわかりませんし、反論しようにも反論する理由もわかりません。

ただ、金額に文句を言うだけでは、効果を得ることはできませんし、示談は平行線のままになってしまう可能性が強いです。そこで、こういった場合も法律の専門家の出番というわけです。

専門家は交通事故被害者の味方

冒頭にて、保険会社は交通事故被害者の味方ではないとご説明しました。しかし、専門家は交通事故被害者の味方です。また、保険会社と同様、示談交渉のプロでもあるため、保険会社に振り回されることもありませんし、もちろん不相応な提示額で示談を成立させることもありません。

交通事故にあった際は、適正な金額で示談成立させるためにも、専門家に力を借りることをおすすめします。

 - 後遺障害と保険