弁護士費用や物損事故のカバーまで可能になる任意保険

   

交通事故を起こしてしまった場合、多額の賠償請求をされることもあります。この際、自賠責保険だけでは対応しきれないことが多いため、任意保険に加入しておくに越したことはありません。

自賠責保険は、車やバイクを所有している以上、加入しているのは当たり前ですが、任意保険は自らの意思で加入する保険であるため、加入していない方も中にはいらっしゃいます。

しかし、自賠責保険しか加入していない状態で高額賠償の交通事故を起こしてしまった場合、自賠責保険では補償範囲の上限が4000万しかなく、被害者に後遺障害が残ってしまったり、死亡させてしまったりすると、4000万円を軽く超えてしまうことは決して珍しくはないのです。

任意保険で弁護士費用もカバー可能

上記のような場合でも、任意保険に加入していれば賠償金のほとんどカバー可能となっています。また、弁護士特約といって、交通事故における賠償請求の交渉などに弁護士が介入してもらい、費用の一部(300万円が一般的)をカバーしてもらえます。多くの場合で300万円を超えるほど弁護士費用が発生することはないため、弁護士への依頼もスムーズに可能となるのです。

被害者との示談交渉において、弁護士がいるといないとでは大きな違いが生じますし、相手も弁護士を立ててくる可能性もあることから、弁護士の力が必要になる機会は多いのです。

自賠責保険が利用できるのは人身事故だけ

なお、任意保険に加入しておいたほうが良い理由に、物損事故は自賠責保険が適用されない点も挙げられます。自賠責保険が利用できるのは人身事故だけで、物損事故が発生した場合は、加害者がすべて自己負担にて補償しなければならないのです。

そもそも自賠責保険は人身事故が起きた際、被害者を救済するために作られた保険であるため、加害者にとって万能な保険とは言い難いのです。また、最近の自動車は安全機能が飛躍的に向上し、車両が大きく壊れることで被害者を大きな怪我から守っているため、車は廃車になるケースが多く、物損についても補償があるに越したことはありません。

物損事故まで考えれば任意保険加入は必須

上記のような理由から、物損事故の補償までを考えるのであれば任意保険の加入は必須です。

任意保険というだけあって、加入はあくまでも任意でしかありませんが、現在、日本のドライバーの80%は任意保険に加入しています。特に日頃から運転している方は、自身が加害者になってしまう事態に備え、任意保険には必ず加入しておくようにしましょう。

 - 後遺障害と保険