後遺障害の等級認定|2つ以上の後遺障害を負ってしまった場合

   

交通事故による後遺障害というのは、必ずしも1つであるとは限りません。では、2つ以上の後遺障害を負ってしまった場合、等級認定ではどのように取り扱われることになるのでしょうか?

原則として、後遺障害等級表に記載されている等級は、目なら目の後遺障害、足なら足の後遺障害といったように、1部位につき1つの障害しか認められることはありません。

1つしか認められないが併合される取り扱い

後遺障害が複数残ってしまえば当然、それに見合う等級認定がされるべきです。しかし、冒頭の説明だけでは、2つ以上の後遺障害を負ったというのに1つしか認められない?と、不満や疑問に感じた方が多いのではないでしょうか。そこで、こういった場合には「併合」という取り扱いがされることになっています。負った障害の等級を併せて、最終的な等級認定がされるというわけです。

併合認定のルールについて

後遺障害が複数あり、併合認定がされる場合は、いくつかのルールに則って行われます。

まずは、前提知識からご紹介していきます。

後遺障害等級とは、等級の数字が小さければ小さいほど重い症状を示しています。よって、複数の後遺障害がある場合は、2つの等級をプラスするわけではなく、2つの等級を併合し、より小さい数字の等級に上げてもらうのが原則となります。しかし、併合しても等級が変わらない場合もあるため、以下のルールをしっかりと覚えておきましょう。

  • 第5級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合、最も重い等級を3段階上げる
  • 第8級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合、最も重い等級を2段階上げる
  • 第13級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合、最も重い等級を1段階上げる
  • 第14級の後遺障害が2つ以上ある場合、いくつ障害があっても14級のまま

併合認定の注意点について

たとえば、第4級と第5級に該当する後遺障害がある場合、より重い第4級が3段階上がり、第1級として認定されます。また、第3級と第8級に該当する後遺障害がある場合は、より重い第3級が2段階あがり、第1級として認定されるというわけです。

なお、複数の後遺障害がある場合、第5級や第12級といった違った等級になることが多いですが、2つ以上の後遺障害があっても、認定されるのは重い等級のみである点に注意しましょう。

要介護の等級は後遺障害等級とは別

上記の併合認定は、介護の必要がない後遺障害等級についてのみ適用されます。

要介護認定である、第1級と第2級についての適用はありません。この理由は、第1級が常に介護が必要であるのに対し、第2級は随時介護が必要であり、この両方の症状が発生することはまずないため、併合はされない(できない)取り扱いとなっています。

 - 後遺障害の種類