後遺障害の等級認定|口内に障害が残った場合

   

交通事故の打ちどころによっては、口内に障害を残してしまうこともあります。

後遺障害の等級認定にて、口内の障害が認められるのは咀嚼機能に影響を与えた場合、歯牙に補綴(ほてつ)を加えた場合、味覚に障害が生じた場合が主なものとなっています。

それでは下記にてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

咀嚼機能に影響を与えた場合

咀嚼機能とは、食べ物を細かくなるまでよく噛み、食べる機能をいいます。舌が関わってくるため、状態が悪いとしゃべれなくなってしまうこともあるのです(言語機能を廃す状態)。

  • 1級2号 咀嚼と言語の両機能を廃した状態
  • 3級2号 咀嚼か言語のいずれかの機能を廃した状態
  • 4級2号 咀嚼と言語の両機能に著しい障害を残した状態
  • 6級2号 咀嚼か言語のいずれかの機能に著しい障害を残した状態
  • 9級6号 咀嚼と言語の両機能に障害を残した状態
  • 10級3号 咀嚼か言語のいずれかの機能に障害を残した状態

なお、ここでいう咀嚼機能を廃した状態とは、流動食以外は口にできない状態を指し、著しい障害とは、お粥、またはこれに準ずる程度の飲食物しか口にできない状態を指しています。単に障害というのは、固形物によっては咀嚼が困難なものがある場合を指します。

次に、言語の機能を廃した状態とは、4種の語音(口唇音、歯舌音、口蓋音、咽頭音)の中で、3種以上発音ができない状態を指し、著しい障害とは2種の発音ができない状態、または、綴音機能に障害があり、言語だけでは意思疎通ができない状態を指します。単なる障害というのは、1種の発音ができない状態を指します。

歯牙に補綴を加えた場合

歯牙に補綴を加えた場合とは、歯牙を喪失し、著しく欠損した場合になされる補綴(欠損部分を人工物で補うこと)のことを指しています。また、喪失した歯牙が大きい、または、歯間に隙間があり、喪失した歯数と義歯の歯数が異なる場合は、喪失した歯牙の数により等級認定します。ちなみに1~2歯のみであれば、自賠責の等級認定がされることはありません。

  • 10級4号 14歯以上に補綴を加えた場合
  • 11級4号 10歯以上に補綴を加えた場合
  • 12級3号 7歯以上に補綴を加えた場合
  • 13級5号 5歯以上に補綴を加えた場合
  • 14級2号 3歯以上に補綴を加えた場合

なお、乳歯や親知らずは認定の対象外なので注意しましょう。

他にも歯に関することで、将来の義歯費用が認められることがあります。事故で歯を欠損した際、ブリッジといった義歯を入れることがありますが、義歯は永久に使用できるわけではなく、一般に 10年で寿命と考えられています。よって、平均寿命まで30年間ある方の場合、3回分の義歯費用の請求が可能となっています。こちらも併せて覚えておきましょう。

味覚に障害が生じた場合

味覚に障害が生じた場合は、原則、等級認定の対象外になっているのですが、その程度によっては12~14級が準用されています。主に、味覚検査試薬を用いた方法にて判定するのですが、味覚障害というのは回復していく傾向があり(他の組織が味覚を補うため)、治療終了から6ヶ月以上の期間を置いてから、判定されるのが一般的となっています。

その他にも嚥下(えんげ)障害は3~10級、声帯麻痺は12級といった口内の障害に関しても、等級認定が準用されることになっています。

 - 後遺障害の種類