交通事故の衝撃により「聴力障害」を引き起こすことがある

   

交通事故に遭った際の衝撃により、聴力に障害を及ぼすこともあります。

聴力障害の等級は、音を聴く際の純音聴力レベルと語音による聴力検査(明瞭度)の結果を基礎として認定されることになっています。

なお、上記の検査は日を変えて3回行うことになっていて(語音のみ異常がなければ1回のみ)、検査と検査の間は7日間空ける決まりになっています。そして、この測定値した純音聴力レベルの平均が等級認定における基準になるのです。

聴力の認定基準について

それでは、下記にて両耳の聴力の認定基準をまとめてみましたので参考にしてください。

4級3号 両耳の聴力を全く失った状態

両耳の純音聴力レベルの平均値が90dB(デシベル)

両耳の純音聴力レベルの平均値が80dB以上、かつ、最高明瞭度が30%以下

6級3号 両耳の聴力が耳に接して大声を出さなければ理解できない状態

両耳の純音聴力レベルの平均値が80dB以上

両耳の純音聴力レベルの平均値が50dB以上80dB未満であり、かつ、最高明瞭度が30%以下

6級4号 片耳の聴力を全く失い、もう片方の聴力が40cm以上の距離では話し声を理解できない状態

片耳の純音聴力レベルの平均が90dB以上であり、かつ、もう片方が70dB以上

7級2号 両耳の聴力が40cm以上の距離では話し声を理解できない状態

両耳の純音聴力レベルの平均が70dB以上

両耳の純音聴力レベルの平均が50dB以上、かつ、最高明瞭度が50%以下

7級3号 片耳の聴力を全く失い、もう片方の聴力が1m以上の距離では話し声を理解できない状態

片耳の純音聴力レベルの平均が90dB以上であり、かつ、もう片方の純音聴力レベルの平均が50dB以上

9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では話し声を理解できない状態

両耳の純音聴力レベルの平均が60dB以上

両耳の純音聴力レベルの平均が50dB以上、かつ、最高明瞭度が70%以下

9級8号 片耳の聴力が耳に接して大声を出さなければ理解できない状態になり、もう片方の聴力が1m以上の距離では話し声を理解できない状態

片耳の純音聴力レベルの平均が80dB以上であり、かつ、もう片方の純音聴力レベルの平均が50dB以上

10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では話し声を理解するのが困難な状態

両耳の純音聴力レベルの平均が50dB以上

両耳の純音聴力レベルの平均が40dB以上、かつ、最高明瞭度が70%以下

11級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を理解できない状態

両耳の純音聴力レベルの平均が40dB以上

聴力障害以外の耳の後遺障害

耳の後遺障害はなにも聴力障害だけではありません。他にも耳鳴りや耳介(身体の外に出ている部分のこと)の欠損といったものもあります。

耳鳴りについては、内耳の損傷によって病的な分泌液が出てくる耳漏や、平衡機能障害については等級認定されませんが、その程度により12~14級程度が準用されます。

耳介の欠損については、軟骨部の2分の1以上を欠損した状態をいいますが、単なる一部欠損でも外貌醜状として等級認定される可能性が残されています。

 - 後遺障害の種類