あなたは知っていますか? 後遺障害と後遺症の違い

   

後遺障害と後遺症というのは、どちらも同じような意味になっていますが若干の違いがあることを知っていましたか?

まず、後遺症とは、事故直後の状態の悪い症状からいったんは治ったにも関わらずそれでも残ってしまった機能障害や精神的な症状のことを言います。

次に、後遺障害とは、簡単に言えば交通事故などによって受けた精神的・肉体的な障害(ケガなど)が、将来的にも回復する見込みがない状態を言います。また「交通事故とその症状との間に相当因果関係(交通事故によってその症状が生じているという関係のこと)が医学的にも証明され、労働力にマイナス影響を与え、後遺障害の等級に該当していること」とも定義されています。

後遺障害が認められると損害賠償請求ができる

上記についてまとめると、交通事故によって受けた障害のうち、治療を受けたにも関わらず改善されなかった部分のことを後遺症といいます。

一般的には、この後遺症が後遺障害としての等級認定されることによって、損害賠償請求が可能となります。ここで言う等級認定というのは、自賠責保険上の後遺障害等級のことをいい、その等級の度合いによって基準となる請求額が決められています。

後遺障害による請求の内訳について

後遺障害を理由とする損害賠償請求の場合、傷害部分と後遺障害部分とに分けて請求することになります。ここでいう傷害部分とは、現実にかかった治療費や交通費、仕事を休んだことによって生じた休業損害、といったものが該当しています。

その後、一定期間を置くことによって症状は固定され、それでも残ってしまった症状について請求をするのが後遺障害部分です。後遺障害部分の内訳としては、過失利益(その症状によって将来的に得ることができなくなってしまった利益)、後遺障害が残ったことに対する慰謝料、介護が必要であれば介護料といった請求をすることが可能となっています。

等級認定がされなくてもあきらめてはダメ

上記で少し触れたように、後遺障害部分については自賠責保険上の等級認定が基準となっています。しかし、過去の裁判例を見てみると、後遺障害等級に該当していなかったとしても、後遺障害が残ったとして損害賠償請求が認められたこともありました。よって、等級認定がされなかったとしても、決して請求をあきらめることはありません。こういった場合は、専門家に相談することによって新たな道が開けると言えるでしょう。

 - 後遺障害について知っておくべきこと