【高次脳機能障害】記憶障害から人格の変化までも。等級認定も難しい?

   

交通事故で脳に外傷を受けたことがきっかけとなり、精神障害が生じてしまい、社会生活をうまく送れなくなってしまうことがあります。これを「高次脳機能障害」と言います。

症状が重い場合は、後遺障害等級認定もされ、損害賠償を受けることも可能となっているのですが、目には見えにくい障害であるため、なかなか正当な等級認定がされないこともあります。

というのも、外見上は完治し、無事に社会復帰したように見えても、後になってから感情のコントロールができなくなったり、新しいことを覚えられなくなったりといった精神的な障害が引き起こされるケースもあるのです。

高次脳機能障害は客観的にわかりづらい

そもそも高次脳機能というのは、脳が複雑な計算を行う機能のことをいいます。これに障害が生じるため高次脳機能障害と呼ばれています。たとえば、物を見たり触ったり、音を聞いたりした後、それがどういうものであり、どういった役割があるのか? といったことを考える働きと言い換えられます。これに障害が出てしまうということは、記憶障害や認知障害、意欲の低下といったことにまで繋がってしまうのです。しかし、どのような症状が出るのか? また、出ているのか? について、程度や様態も様々である上に、本人にしか自覚できないことも多いため、高次脳機能障害は傷害の程度を客観的に認定するのが非常に難しくなっています。

高次脳機能障害で起こり得る症状について

では、具体的に高次脳機能障害ではどのような症状が起こり得るのでしょうか?

高次脳機能障害では様々な症状が起こり得るのですが大きく分類すれば下記のようになります。

記憶障害、認知障害

上記でも軽く触れていますが、高次脳機能障害の代表的な症状が記憶障害と認知障害です。集中力や判断力、注意力といったものも低下し、日常生活に多大な支障をきたします。

行動障害

行動障害としては、持続力が低下し、物事を長く続けていられない、または、同じ失敗を何度も繰り返すなどがあります。こうした症状がみられることによって、意欲までもが低下してしまうのです。

人格の変化

高次脳機能障害では、事故後と事故前で人格が変わってしまうこともあるのです。たとえば、感情がコントロールできず、急に泣き出したり、笑い出したりもします。その他に厄介なのが、イライラしやすくなり攻撃的になったり、突如として幼稚になったりといった症状もあります。

高次脳機能障害の重さは様々

上記のように、高次脳機能障害は客観的にわかりづらいだけでなく、起こり得る症状のバリエーションも非常に豊富となっています。また、どのくらいの重さで残ってしまうかも人によってまったく異なるため、一緒に生活している人でも気付かないなんてことも十分にあり得ます。極端な例では、ほんの数時間一緒にいただけでも異常だと感じることもある程です。

こうしたことから高次脳機能障害の後遺障害認定は困難となっていて、正当な認定を受けられないことも多々あります。納得できなかった場合、争うにしても専門知識が必要となってしまうため、まずは専門家に相談するようにしましょう。

 - 後遺障害の種類