【排泄異常を感じたら】脊髄損傷によって生じる膀胱直腸障害

   

交通事故の後遺障害の中には、なかなか認定が難しいものもあります。その中でも過去において、認定結果を不服とし、裁判への発展もよく見受けられるのが「膀胱直腸障害」です。

膀胱直腸障害とは、簡単に言えば、排尿や排便が正常に出来なくなってしまう症状を言い、交通事故直後から症状が出るわけではなく、後になってから症状が出てくることもあります。こうしたことから、交通事故との因果関係の証明が難しく、裁判の原因になってしまうというわけです。

それでは今回は、膀胱直腸障害について詳しくご説明していきます。

膀胱直腸障害は神経や筋肉の異常が原因

そもそも排泄というのは、膀胱や直腸に排泄物がたまったことを、脊髄の中にある中枢神経が脳へと信号を送ることによって起きています。また、尿道や肛門を閉めている筋肉というのは、通常は自身でコントロールすることが可能なもので、排泄しようと思ったときに自由にコントロールをし、排泄することが可能となっているのです。しかし、脊髄の損傷などが原因となって、中枢神経が正常に機能しなくなってしまうと、排泄物がたまったという信号が脳に伝わらなくなってしまうだけでなく、開閉する筋肉のコントロールが効かなくなってしまうこともあり、失禁してしまったり、排泄感を得られなくなったりと、正常な排泄ができなくなるというわけです。

膀胱直腸障害は見落とされがち

冒頭でも軽く触れていますが、膀胱直腸障害は症状がすぐに出てこないこともあり、見落とされがちとなっています。脊髄の損傷が大きく、神経そのものが切れてしまっているとなれば、交通事故直後から症状が出てくるのですが、脊髄の損傷が小さく、少しずつ悪化していく場合、交通事故直後には症状が出ないことがほとんどです。たとえば、脊髄内に小さな出血があり、期間の経過によってそれが固まり血栓となり、その血栓が神経を圧迫して正常に信号が伝わらなくなったことによって、はじめて症状が出ることもあるのです。

つまり、少しずつ排泄がしにくくなってきた......と後になってから気付くこともあり、また、本人の自覚症状もすぐにはあらわれないことから、膀胱直腸障害は非常に見落とされがちとなっています。

等級認定は専門家に相談するのが良い

後遺障害の等級認定というのは、膀胱直腸障害のように、交通事故直後に症状が出ない、診断でも見落とされがち、といった場合に困難が生じることになります。また、膀胱直腸障害は、最悪のケースになると、四肢麻痺や下半身麻痺などに悪化することもあり、介護が必須でもっとも高い等級である1級に認定されることもあります。しかし、そこまで後遺障害が重くない場合は、5~14級までと非常に幅広い認定例があり、判断が難しい症状となっています。

このように認定時に困難が生じやすく、かつ、判断が難しい症状というのは、専門家の手助けがあるに越したことはありません。自身が正当な等級認定を受けるためにも、早い段階から専門家に相談をするのが良いと言えるでしょう。

 - 後遺障害の種類